〇〇に飽きたので・・・

ウォーキングを始めて約半年。

健康と、沖縄の素敵な景色を観ることによって心の充足(幸福度UP)を得る為に続けてましたが
その副産物としてダイエットにも繋がったらいいな~って思ってました。

しかし、その期待も虚しく、いつまで経っても体重は一向に変化せず。。

詳しくは後述しますけど、ダイエットには逆効果のやり方をしていたのが原因のようで。。

「体重、全然減らないな~」と思い、ダイエットについて調べていた9月の中旬頃、
ゆりやんレトリィバァが36キロ痩せた、という衝撃的な記事を目にしました。

そして、ゆりやんレトリィバァがダイエットをした理由の「太っているのに飽きたから。」

このド直球な言葉にとても感銘を受けました。

己を振り返ってみると、8月に帰省した際、母親から「太ったね」と言われ・・・

都内に行った際、数年前から知っている若い子から「ミヤさん劣化した~」と言われ・・・

20代後半から徐々に体重が増え始めたけど特に対策はせず、惰性のままきたツケが
モロに体形に出てしまっていました。。

自分も太っていることに飽きてるので、この機にダイエットすることを決心しました!


物事は【 決心 】さえしてしまえば、もうほぼ成功したようなものです。

なぜなら、幸いなことに私は

「誰にでも出来て、成功率が極めて高い最強のメソッド」を知っているから、です。

それは時間を味方にするということ。

欲しい結果が得られるまでやり続ける。

正しい方向に努力をし続ければ、高い確率で結果がついてきます。

有名な『PDCAサイクル』のように、ルールを決めて実行し、経過をチェックして
必要に応じてルールを改定すれば、正しい方向への努力は可能です。

また、今まではウォーキング(ダイエットには適さないやり方)しかやらなかったので、
食事制限 】・【 筋トレ 】・【 有酸素運動の3方向から取り組むことにしました。

そして9月の中旬からテスト的に始め、1か月ちょいで2~3キロ減の成果が出たので
それぞれしっかりとルールを決めて、これからも実践を続けようと思います。

ここからは、食事制限・筋トレ・有酸素運動それぞれに設けたルールをご紹介します。

食事制限について

日常生活も仕事も趣味も遊びも、全ては「健康」という土台が無ければ成り立ちません。

なので、単純に体重を落とすのではなく、健康面にも気を使いつつ取り組んでいきます。

・糖質を減らすこと
・筋肉が落ちないようにタンパク質を取ること
・腸内環境を整える為に発酵食品を取ること

を念頭に取り組もうと思っていた矢先、とても参考になるレシピに出会いました。

社員数が数百名規模の会社の経営者 兼 YouTuberとして知られているマコなり社長が
動画で「気が触れるほど美味い!時短レシピ 第3位」として紹介していた

キムチ + 納豆 + 豆腐


これに生卵と乾燥ネギ、乾燥海苔を加え、醤油とめんつゆで味付けしています。


▼参考元の動画はこちら。時短レシピの2位と1位が気になる場合はご覧ください。
【2分で完成】 気が触れるほど美味い!簡単レシピ TOP3


あと、ナッツ類にはダイエットやアンチエイジングの効果があるそうなので取り入れます。

これらを元に、下記のルールを設けました。

食事制限のルール

1、昼か夜のどちらかは炭水化物を摂取しない

2、誰かと外食する際は食事制限をしない

3、食べ過ぎたと思ったら、その後に調整を入れる

4、酒は控えない

5、おやつは素焼きアーモンドを食べる


原則、誰かと食べる際には制限せず、自分一人で食べる時は粗食にしようかなと。

あとはストレスを感じないように、無理なく続けられる範囲でやっていきます。

筋トレについて

筋肉量が増えれば基礎代謝が上がって、より痩せやすくなるので、より効率的に
筋肉が付きやすいトレーニングをしようと考えました。

そして、全身の筋肉の70%を占めると言われている下半身を鍛える「スクワット」と、
筋肉の割合が多い背中や胸を鍛える「腕立て伏せ」をやろうと思いました。

また、湯舟には日常的に入るので、その習慣を利用し、この時にこれをやると決めると
やり忘れることがないと思い、作ったルールが下記です。

筋トレのルール

1、湯舟にお湯を貯めている最中に腕立て伏せとスクワットをする

2、湯舟から出て休憩したら、再度湯舟に入る前にスクワットする


かなり長い間、腕立て伏せをしていなかったので、10回やったらきつかったんですけど、
1か月ちょい続けたら、30回×3セットが出来るようになりました。

筋肉にはトレーニングをしばらく休んでも、再開したら前の状態までなら戻りやすい
「マッスルメモリー(筋肉の記憶)」という特性があるようです。

できれば20年前の状態まで戻って欲しいと願いつつ、筋トレを続けて行こうと思います。

有酸素運動について

有酸素運動は、引き続きウォーキングを行っていきます。

つい最近まで、景色を楽しむ為に1時間半かけてゆっくり1万歩を歩いてましたけど、
長時間の運動は、脂肪ではなくグリコーゲンを燃やしてカロリーを消費してしまう為、
基礎代謝が落ちて痩せにくくなるので、長くても60分以内にした方が良いらしいです。

↓ これはやりすぎのようです。。


冒頭でも触れましたが、健康と心の充足(幸福度)を目的にウォーキングをしていたので
距離や時間の短縮はせず、たとえ逆効果になっても今まで通り歩こうかとも思いましたが、
やはりダイエットの妨げになるのはいかんと、距離と時間を減らす決心をしました。

ウォーキング中、どんな時に心の充足を感じるか考えた時、海を見た時だと気づいたので、
これからは自宅からトロピカルビーチ間の往復、時間にして約40分を歩くことにします。

また、健康には質の高い睡眠を取ることも欠かせません。

今までは、平日は仕事が終わってからウォーキングすることが多かったんですけど、
朝にウォーキングをして日光を浴び、メラトニンの分泌を促したいと思います。

有酸素運動のルール

1、朝、家からトロピカルビーチまで往復する

2、雨が降ってる日、雨が降りそうな日はやらない


雨に濡れて風邪を引いたら、そもそも健康を害してしまうので休みます。

また、朝に歩けなかった日は、今までのように夜歩くことにします。


ここまでがダイエットに向けて設けたルールです。

通常、何かを志す際、目標を立てて、それをいつまでに達成するかを決めるという
流れが一般的ですが、今回はいつまでにという期限は設けません。

期限を設けると、例えば短期間で結果を出そうとして無理をし、ストレスを感じたり、
モチベダウンしてやらなくなってしまう可能性があるからです。

だから、ルールを決めて、やり続けること自体を目標にしています。

まあ、これを半年も続ければ、効果は期待できるよねっていうのをルールにしてるので
あとは定期的にチェックしながらやり続けるだけですね。

大きく変貌を遂げた半年後の自分の姿を楽しみに、日々取り組んでいこうと思います。

ではまた!

1件のコメントがあります。

  1. 継続は力なりですね!あっさり禁煙したミヤタさんならダイエットは余裕だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です