「本家の約17倍」の大きさのパイの実みたいなデニッシュとパイの実ついでにパイの実シリーズ並べてみた件

ごきげんようヘビ子です。ハックション。

花粉が毎年私の鼻を攻撃してさらに眠気をふりかけてきますが元気です。
アレルギーの最先端(?)を行く私ですがちょっと流行に乗りたい。

というわけで、一昨日(4/20)一気に話題の商品に駆け上がったこちらのパン、ご存知ですか?

その名の通り、パイの実の形をした、パイの実よりも約17倍デカイサイズの「パイの実みたいなデニッシュ」です。

つまりパンです。

写真がうまいからなんだかめちゃくちゃおいしそう。

そしてパイの実と言えばさくさく食感が好ましい定番のお菓子です。

きっとこの画像を見た人は、あのパイの実のさくさく感を思い起こしながら「大きいサイズのパイの実」と認識して脳がバグったはず。

私はバグったので即座に

「うわーー食べたい!」

と思いました。

思ってしまいました。

はい買いました。

もちろん比較用で通常のパイの実も購入。

パッケージはネット上でのプロモーションを知らなかったとしても、もし店頭で見ただけで

「えっ!? あのパイの実!?」

と興味を引かれるひとはひかれたでしょう。
私も店頭で見てもきっとひかれたと思います。

パッケージを開いて並べるとこう。

17倍ってこんなもんなんですか?(煽り顔)っていう感想が出てきましたが、数字に強くないんで「まあ17個分集まったらこのくらいの体積なんじゃないですかね、知らんけど」と思いながらナイフをいれます。

デリバリーについてきたプラスチックナイフで切ったんですが案外綺麗に切れました。ちょっと感動。

改めて中身を観察……デニッシュ生地とチョコ。

普通ですね!!
でも形はパイの実の六角形!

ついでに従来のパイの実もカット。

なかなかこうやって切るとか無いので(それはそう)そういう意味合いでは新鮮ですがやはり小ささが影響してかきれいには切れませんでした。宣材写真との理想と現実感がはんぱなくて泣けてきますね。
でもそういうものだから……役割が違うから……あっちは見た目、こっちは味で勝負だから……

というわけで、いただきます。

「パイの実みたいなデニッシュ」の味の評価的には、これは食べて感想をweb上にアップしてる人たちと特に変わることなく

普通のチョコデニッシュの味です。

普通のよりパリパリサクサクでおいしい!

とか

普通のよりチョコが濃厚で満足感がある!

とか

そういうのは特になく普通の「あ!これ前にファミマで買って食べたチョコデニッシュの味だ!」です。

でも逆にそれすごくないですか。
だって、つまりこれはファミマのPB商品のチョコデニッシュを六角形にして「パイの実」って名前使っていい?ありがと!という契約をして売り出したら付加価値と話題性を産んだってことじゃないですか?

お値段も140円(税込)と、他のパン類とそう変わらないお値段だけれど、「いつもある」パンの中に「話題のパン」があるだけで、普段行かない人も「ちょっと行って買おう」と足をのばす確率を上げる。

いやパン一個でどんだけ持ち上げるんだよと思われるかもしれませんが、でも日本全国の店舗(約16300店)で1人でも来店が増えればその目当てだけを買って出ていく人の方が少ないですし機会が増えるのは売り上げ増加のシンプルな要因ですよね?

だから馬鹿にできないもんじゃないかな~と思ったのです。

実際ここに買ってるやついますしね。

そしてここで学べるのは、今はもう話題にしている人がいないこと。
こういった瞬間風速的な流行には、遅くても当日中に触れるのが吉でしょう。

それにしても情報の鮮度、落ちるの早すぎない?
最近の歌と同じで速過ぎてめがまわっちゃう。BPMいくつ??

しかしそれもweb上の反応、という意味合いで、実店舗ではどこに行っても棚が空っぽでした。(身近調べ)
「パイの実みたいなデニッシュ」だけ常に完売状態。

実際私は事務所周り3軒、自宅周り4軒、合計7軒のファミリーマートに足を運びましたがどこにも無かったのです。

じゃあお前どこで買ったんだよ、という話になりますが、自宅の最寄り駅改札に併設してあるファミリーマートで買いました。
駅の改札横の店舗なので盲点だったというか需要的に「日常のいつもの」を買う層が多いからでしょうか。棚に普通に「いますけど」と並んでました。
駅を出てすぐの店舗(私の最寄り駅にはファミリーマートが4軒並んでいます)(あり過ぎでは)にそのまま在庫うつしたら瞬殺するのでは?と思いながらもおかげで買えたのでまあヨシ!

そしてついでにパイの実の新商品が出てたので一緒に買いました。

私はコンビニの新商品という言葉に弱い勢です。
みなさんはどうですか。

だってチョコ好きなら深みショコラとか言われたら買っちゃうじゃんすか。
特製カラメルプリン味とか奇をてらった系のやつがどういう爆死をするのか気になって買っちゃうじゃんすか。

あと一緒に買うと30円引きだったので気軽にホイホイされました。

たまにはいいんですよ、大人なんで。
大人の遊びってやつですよ。
子供の頃思ったじゃないですか。大人はいっぱいものが自由に買えていいなあ、自分も大人になったらお菓子をいっぱい買うんだ…!って。
世の少年少女の憧れを体現しているまでです。話がやたら壮大になってきた。

というわけでオープン!

1個ずつの粒を並べてみました。
うっかり全部を並べる前にデニッシュくんは食べてしまったので遠足で欠席したやつみたいな感じで加工して画像を並べます。

横からのアングル。
てっぺんと側面が色合いが違うスタンダードとプリンとは変わりショコラは全面がほぼ同じような色です。生地にココアが練り込まれてるからでしょうか。

私こういう「あ!これネットニュースで見たことある!」みたいなこと初めてしてるのでめちゃくちゃ新鮮ですし、写真撮るの鬼のように時間かかりますし、おやつ食べながらなので撮影自体は楽しいですし中々面白いので気になった方はコンビニの推しおやつ、サンドイッチ、ドリンクetcでプレゼンお待ちしています。

さて、それでは早速それぞれの味について。

まず開けた瞬間にカラメルプリンが人工的なカラメルの香りで攻めてきます。一歩リード!(なんの?)
他は単体であれば感じるパイやチョコの香りが飛び込んでくるでしょう。


パイの実 チョコレートパイ(スタンダード)

「チョコは食べたいんだけど小麦粉的要素欲しいんだよね…」という時に手を伸ばすことがあるのがパイの実(個人の感想です)
やっぱりサクサク食感が小気味いい。サクサクしたいときにお世話になることが多い。
これまでずっとレギュラーとして存在しているだけあり安定の味。これこれ!ってやつ。
おいしい。


パイの実 深みショコラ

かじると確かに「こんちゃーす!チョコでーす!」という強さがある。(比較的)
生地にもココア?が練り込まれているのでそこはスタンダードのパイの実とは違う点。
ほんの少し苦みもある。(ビターチョコのような苦み)
「チョコ食べたいなー!」と思ってパイの実を買ったけど「パイやな…」と感じることがあるそこの君にはおすすめ。
あとおいしい。


パイの実 特製カラメルプリン

1個の質量が結構ある。
他の2種と比べて見た目からして厚みがちがう。
3個くらい食べると結構満足する味わい。
味は「香りがカラメルソースの普通のパイの実かな?」と思うも、3個くらい食べた後だと「いやカスタードクリームに近いかな」という感想に変わる。
生地部分は従来のパイの実と同じくサクサク。そこは変わらない。
あとおいしい。


各レビューは以上です。

次にもし買うとしたらカラメルプリンかな~~!と思う程度には爆死どころかおいしかったですカラメルプリン。
やはり1個の満足度が高いものは甘いものを欲しているときには選びたいですよね。

コンビニお菓子の選択の参考になったら嬉しいです。

さて、ここまで私はなんだかんだパイの実の写真を40枚弱撮り、もういいかなと片付けをしている際、「パイの実みたいなデニッシュ」のパッケージを見てふと気づきました。

「17倍ってことはパイの実17個並べたらいいのか?」

という小学生のようなことを。
本気で思ったので本当に並べました。

これ賽の河原並みの難しさで3回ほど倒壊しましたが、苦難を乗り越えやっと撮影に成功したのでどうぞご笑覧ください。

こうして見ると、なるほど確かにさっき食べたパイの実みたいなデニッシュと同じくらいの大きさになったかも!

しかしもう一度パッケージをよく見ると「重量」って書いてある。

>本家パイの実約17倍!(標準重量比較)

質量じゃないんけ!!!!!!!!!!!

この比較の場所に必要だったのはキッチンスケールでした。

機会があれば「パイの実みたいなデニッシュ」もお試しください。
見た目はパイの実、味はチョコデニッシュ。

なお、最後に残念なお知らせですが、パイの実みたいなデニッシュは、沖縄未発売です。

ごきげんよう、さようなら。ヘビ子でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です