いちゲームプレイヤーがゲームのキャラクターになった話

みなさんゲーム好きですか?僕はゲーム好きすぎて今までに3回くらい鼓膜がこわれそうになったことがあります。クズですね。しってます。

ところでゲームが好きすぎてそのゲームのキャラクターになった方って結構いるんですよね。割と海外のゲームはそういうの寛大というかファンの扱い方わかってるなーっておもいます。

まずこちらですがまぁ長いんで記事先みてください(クソ)

【感動】ベセスダ、病気で死んだFallout4ファンの弟をゲーム内にNPCとして登場させる神対応
http://yukarigame.net/archives/fallout-fan.html

特にこのベゼスダってゲーム会社は末期がんの少年に発売前のゲームをおくったりとかもしてたんですよね。いいことするなぁ。

他社ですけどボーダーランズ3 でも末期がんの少年の名前を銃の名前につけたりとかしてますし、海外ってホントこの手の話さがせばたくさんでてきます。

僕がしんだときも何かどこかのゲームに名前が残ればそれはそれでうれしいですが和名でついてもいまいちしまらねぇなぁ。とおもってしまいました。

でここまでは感動するお話でしたが、次がもうとにかくぶっとんでる。

リロイジェンキンスという伝説の男を知ってますか?
ぶっちゃけ知ってたらだいぶネットの黎明期からオタクに染まってますねーって感じですけども。

リロイジェンキンスは海外のMMORPGで(ようはたくさんの人と同時に遊べるドラクエ)とんでもなく空気が読めない行動をしたプレイヤーなんですね。

めちゃくちゃ強いボス討伐を前にプレイヤーたちは作戦会議をしていました。その中にいたのがリロイジェンキンス。

彼は話をまったく聞いていなかったので、いきなり雄たけびをあげボスにつっこんでいきます。

動画でみるとわかりやすいです。長くないし。

いきなりボスドラゴンにつっこんでいったせいで仲間も助けに行かないといけなくなったうえ、大量の雑魚まで連鎖的に反応してしまうんですよね。

海外だとわりとゲームをロールプレイ(役になりきって遊ぶ)する人が一定層いて、「われこそは!!!!」みたいなかんじで自分の名前叫んでるみたいです。

ちなみに本人曰く「チキン温めてて話きいてなかった」そうで。

この彼はなんとそのアホさから海外で爆発的な人気がでてしまい、カードゲームのキャラになってしまいました。ちなみに効果は「敵としてちびドラゴンが増える」という不名誉なもの。

あんまりそういう人気の出方はしたくないですなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です