うーたんブーツ買う

12月に入社したうーたんです。
BLOGを書くのははじめてなのでこれからがんばっていきたいと思います!

最近ブーツを購入したのであれこれをレポートしたいと思います。

うーたんブーツがほしい

去年ぐらいから長く履けるブーツが1足欲しいなといろいろ物色していて、どうせなら憧れのティンバーランドのフィールドブーツのビーフ&ブロッコリー(通称ビーブロ)に狙いを絞りました。

ビーブロカラーはアメリカの限定カラーなのでABCマート等では取り扱いがなく、たまーにインポートショップで入荷があるかなという感じなので日夜ヤフオク、ラクマ、メルカリを巡回する日々を過ごしていました。

うーたんヤフオクで激安でポチる

いつ入荷するかわからないインポートショップで3万円弱、ヤフオクの相場は2万円弱だったのですが、3ヶ月くらいたったある日6,800円で出品されており、即、ポチりました。

ブーツ到着、初日で壊れる

到着して履いてみるとテンションの上がるかっこよさ!
革なので経年劣化も楽しみつつ、一生履こうと心に決め、休日だったこともありブーツに合うデニムでも探そうかと古着屋めぐりに出発。

お店に入ってデニムを物色しているときに靴の異変に気づきました。
「なんだか靴底がベタベタするなー」
数分後…

足元に5cmくらいの黒いカスが数個落ちているのを発見。
まさかと思い靴底を見ると届いていたときは綺麗だった靴底がボロボロに…
周りにあるカスを拾い、急いで車に戻る途中でボコっと靴底が取れてしまいました。

「あー、これが噂の加水分解か…買って初日なのに….」

加水分解とは…

加水分解(かすいぶんかい、英: Hydrolysis)とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことである。水解とも呼ばれる。このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)とに分割して取り込まれる。反応形式に従った分類により、加水分解にはいろいろな種類の反応が含まれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

wikiだとわかりづらいのですが、ざっくりいうとソールに使われているプラスチック素材(ポリウレタンやEVAなど)は水分に弱い性質をのため、長く履いていないと空気中の水分を多く吸収しすぎて化学反応が起こり分解されぶっ壊れてしまうようです。
(家に飾ってるスニーカーたちも心配。。)

長く履ける靴を目指して

途方にくれてGoogle先生で調べてみたところソールの張り替えをしてくれるお店があるということで早速修理に出してきました。

見てくださいこのビブラムソールのかっこよさ!
オリジナルより少しゴツくなりいい感じです!
正直新品買えるくらいの修理代だったのですが、もう加水分解に悩む必要もなく、長く履けるので結果オーライかなと

まとめ

安物買いの銭失い
【読み】やすものがいのぜにうしない
【意味】安物買いの銭失いとは、値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。

まさにことわざの通りとなりました。
靴と一緒に年をとっていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です