たどり着いたのはモーツァルトでした


昨今の健康ブームもあって、昨年から健康には気を遣ってきました。

日頃からYouTubeで、本要約チャンネル、オリラジ中田のYouTube大学、
サムの本解説ch、サラタメさんなど、健康関連の動画を視聴しまくって
それを実践してきたおかげで体調を崩すことはほとんどなくなりました。


しかし、健康に関する最大の悩みは未だ解決できておりません。

健康に関する最大の悩み、それは【 睡眠障害 】です。


寝付けはするけど夜中に起きてしまい朝方まで寝付けない「中途覚醒」か
起床予定時間よりも早く目が覚め、その後眠れない「早朝覚醒」が続き、
睡眠不足の状態が慢性化してます。。


この記事も、夜中の2時頃に目が覚め、4時半過ぎまで寝付けなかったので
どうせならブログのネタにしてしまえ」と思い、スマホでメモを始めたら
結局、朝8時近くまで寝れなかったという。汗


平日の日中は眠くならないので睡眠時間は足りてるのかも知れませんが、
人は本来、7~8時間は寝ないとパフォーマンスが落ちるらしいです。


また、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって細胞の修復が行われますが
それが十分に行われないことで老化が早まったり、不眠によるストレスで
メンタルに悪影響が出るらしいので、早急に改善が必要な状態です。。

睡眠障害の原因は?


中には睡眠時間が少なくても問題ないショートスリーパーの人もいるので
もしかしたらショートスリーパーになったのか?」とも思ったのですが
どうやら後天的にショートスリーパーになることはないみたいです。。


もしくは、必要な睡眠時間は、年齢を重ねるほど短くなるそうなので、
熟睡難民の原因は歳のせい?」とも思いました。

それもあると思いますが、主な原因は晩酌・YouTube・スマホ」です。


毎晩のように晩酌をし、寝る直前までYouTubeを観ながら寝落ちして、
夜中に目が覚めるとスマホを手に取り、yahooニュースやLINEニュース、
ライブドアニュースなどを見始めて目が覚めてしまい再び寝付けない。

こんな生活がずっと続いてます。。


酒は睡眠の質を低下させるし、パソコンやスマホから出るブルーライトが
交感神経を刺激して体内時計のリズムを崩すことは広く知られています。

そうです、原因はわかっているんです。

酒もYouTubeもスマホも、全部睡眠に悪いことはわかってるんです。

でも、昭和の大スター、植木等さんの曲にもあるように
わかっちゃいるけどやめられない」状態なんです。。


害があることを理解しているのに止められないのは病気ですよね^^汗

そんな私がたどり着いたのはモーツァルトでした



私は寝る時にYouTubeなど何かを聞きながら寝るのが習慣になっていて、
以前は斎藤一人さんの講演会の音声を聞きながら眠りについていました。

でも、一人さんの話には幽霊とか死後の世界とかがよく出てくるので
業務上、心霊系の話はおなかいっぱいなのでいつしか聞かなくなり、
最近はオリラジの中田とか「ひろゆき」のYouTubeを聞いていました。


そんな中、ある人とのLINEのやり取りの中で
野菜にモーツァルトを聞かせて育てている企業がある
という話が出たんです。


調べてみると、人間の耳がもっとも敏感に感じ取れる4000Hz(ヘルツ)が
モーツァルトの曲に多く含まれていて、ストレスが緩和されるのだとか。

それで「寝るときにモーツァルトを聞きながら寝たら改善するのでは?
と思いつきました。


あとこれは余談ですが、モーツァルトは誰もが知っている音楽家ですし、
モーツァルトを聴きながら眠りについてるよ
って言うと、なんだか知的っぽい印象を与えられそうですよね?笑

そんな理由で、最近はモーツァルトを聞きながら眠りについています。

それでどうなった!?


結論から言うと、数日試しましたが特に変化はありませんでした。汗


スローテンポで落ち着いた曲調だったら眠りにつきやすいんですけど、
モーツァルトの曲調は、明るく心が晴れやかになる曲ばかりです。

むしろ眠りに入る時よりも目覚めてから聞きたいような曲調なので、
寝付くまでの時間がより長くなってしまった気がします。。


ようやくたどり着いたと思いましたが、最適解はモーツァルトではなく
滝廉太郎とかなのかも知れません。汗


そもそもの原因である晩酌、寝る前のYouTube、夜中のスマホ」を
止めないことには改善しないのかも知れませんが、たとえ悪しき習慣でも
一度身についた習慣を止めるのにはエネルギーが必要です。。

だから「晩酌、寝る前のYouTube、夜中のスマホ」は一旦置いといて。。


寝具、パジャマ、エアコンの温度設定、扇風機の風力などの睡眠環境も
まだまだ改善の余地はあると思ってます。

市販の睡眠導入剤を飲むか病院で睡眠薬を処方してもらう手もあります。


それらをちょっとずつ試してみて、どうしても改善しないようなら
晩酌、寝る前のYouTube、夜中のスマホ」を断ち切ろうかな・・・

な~んて考えながら試行錯誤を繰り返している今日この頃。


睡眠障害を克服し、快眠を手にするための戦いはまだしばらく続きそうです。


ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です