ホコリが溜まりやすい隙間を埋めたい。

最近、地味にキーボードのお掃除にハマっているうえだです。

テッシュだったり、メガネ拭きだったり、綿棒だったり、
色々と使ってみているのですが、もっと楽なモノはないか…

そう考えながらブログやYouTubeを見ていたら、
少し気になるものを発見したので、さっそくに買いに行ってきました。

DAISOで売ってるジェルクリーナー。

価格は100円+税。

ジェル状であるなら狭い隙間のホコリやゴミを
吸い付いて取ってくれそうな感じがします。

手に取って触った感じ、触り心地は、
どこからどう見ても、ただのスライム。

隙間に入っていかないか心配ですが、
実験台となるのはこの子。

毎日何時間も叩き込んでいるMacBook。

掃除してからそこまで期間が経ってないはずですが、
明かりを当ててみると結構汚れがついてます。

さっそくスライムをキーボードの上に載せてみます。

ゆっくり、慎重に引き伸ばしながら、
キーボード全体に乗せていきます。

しばらく乗せておく方が汚れも取れると思いつつも、
キーボードの隙間から本体内に入られると困るので
すぐに引き上げる。

ゆっくり剥がしていってるのに、
案外ジェルがキーボードに残ります。

そこは引っ剥がしたスライムを丸くしてコロコロしていけば、
割と簡単に取れていきます。

全部キレイに取り除いて

んー、まぁキレイになった?

写真で見るとそれなりにキレイに見えるけど、
実物を見ていると汚れがまだ気になるので

いつも使っている「キムワイプ」と「パーツクリーナー」を取り出して、
最後の仕上げ拭きをアルミボディもついでにやります。

納得いくまで磨き込んだので、この辺で終了。

「ジェルクリーナー」想像より汚れを取ってくれたわけではないですが、
きっと、汚れを取りたい「モノ」が悪かったのだろうと思います。

値段も100円だし、久々にスライム触れて楽しかったし、
買って楽しめた一品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です