一か月引きこもった結果

緊急事態宣言が解かれ、徐々に日常を取り戻している最中だと思われますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
プログラマのkajiです。

緊急事態宣言中は私も在宅勤務だったのですが。
その間の約ひと月、接骨院と鬼滅の新刊を買いに行ったくらいで、外出は合計しても2時間にも満たなかったです。
あとは自室に引きこもり生活でした。

そう約ひと月。
それだけの間、引きこもり続けることで人体に何が起きるのか。
その変化をまとめたいと思います。

体重はほぼ変化なし

運動不足で太るかと思われましたが、食事量も減ったのでプラマイゼロな感じですね。
運動せず食事減らすとかダメなダイエットの代表みたいな状態なので今後のリバウンドが怖いですね。

指に変な気泡が出まくった

ググった感じ「汗疱」だと思われる、原因は不明。
太陽を浴びてないからですかね?

肌がめちゃくちゃ荒れた

もともとアトピーなんですが、さらに変な荒れ方しました。
これは埃っぽい自室に籠りきりだったからだと思います。

咳が止まらない

コロナではないですが、風邪っぽかったです。
これも埃っぽい自室に籠りきりだったからだと思います、だいたい部屋が悪いですねぇ・・・

腹がずっと痛かった

ストレスとかじゃなく多分なんかが悪い。
これに関しては引きこもった結果と言うより院内感染のリスクを恐れて病院行けなかった結果って感じですね。

便秘

緊急事態宣言解かれて通勤程度の歩行で解消されたので運動不足のたまものだったと思われます。
むしろこれが腹痛の原因だったのでは?

以上。まとめ

学生時代も似たような生活は送っていたのに、年食うと同じようにはいきませんね。

健康面でも日常生活に早く戻りたいものです。
緊急事態宣言が解かれたと言え、第二波がある可能性も高いので、油断せず生活を送ってゆきましょう。

1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です