世界卓球2021が始まりました

こんにちは、さっさです。

卓球がそこそこ出来る僕としては、毎年開催される世界卓球は見逃せません。

去年はコロナの影響で開催されませんでしたが、各国の代表者が戦う、オリンピックの次に大きな大会でもあります。

前回は団体戦、今回はシングルス、ダブルス、混合ダブルスで争います。

混合ダブルスといえば、今年のオリンピックで水谷・伊藤ペアが金メダルを取ったことで盛り上がりましたが、今回はどうなるか?

シングルス、ダブルス、混合ダブルスともに予想していきたいと思います。

シングルスの予想

まず男子シングルスですが、無難に中国の樊 振東が優勝するのではないでしょうか。

大体大きな大会では、 樊 振東と馬龍の2人で決勝を戦うことが多いですが、今回は馬龍が出場していませんので、 樊 振東が群を抜いていると思われます。

第2シードの張本智和に期待したいところですが、まだ厳しいかもしれません。

予想を覆して日本人選手が優勝するのを期待したいです。

次に女子シングルスですが、こちらも無難に行くと中国人選手が優勝するところですが、第3シードの伊藤美誠がどうなるかみたいです。

男子以上に女子の方が中国人選手にひっ迫しているのと、かなり強かった中国人女子選手が引退したので、結構差は詰まっていると感じています。

個人的な希望も含まれますが、めっちゃ強いって自分でも言っていた伊藤美誠の優勝を見たいですね。

ダブルスの予想

ダブルスはシングルス以外、強い中国人選手があまり出ないので日本が優勝する可能性は結構あります。

男子ダブルスでは、張本智和/森園政崇と宇田幸矢/戸上隼輔の日本人ダブルスに期待したいですが、早々に潰しあうことになるので、そうなった場合にダブルス巧者の森園選手がいる、張本/森園ペアが強いかもしれません。

こちらのペアに期待したいです。

女子ダブルスでは、王 曼昱/孫 穎莎の中国人ペアが強いように思います。

伊藤/早田の日本人ペアが優勝することを期待したいですが、あらゆる面で中国人選手が1枚上手と想定しているので、ちょっと厳しいかもしれません。

混合ダブルスの予想

オリンピックで日本が金メダルを取った混合ダブルスは、早田/張本ペアが強いのではないでしょうか。

中国人選手がいますが、おそらく混合ダブルスはほとんど練習していないので、息の合ったプレイができるかどうかが大事な混合ダブルスは中国の脅威はそこまでないのではと考えています。

ぜひ、早田/張本ペアの活躍に期待したいです。

まとめ

どのシングルス、ダブルス、混合ダブルスの全てにおいて卓球と言えば中国でしたが、近年は日本の卓球レベルがかなり上がっていて、中国選手に以前より勝てるようになっています。

幼少から才能を見出して国を挙げて選手を養成する環境を以前から作っているので、その成果が今で出している感じですね。

今回の世界卓球に限らず、オリンピック等でも日本人選手がさらに中国人選手を倒して、日本の卓球レベルがさらに上がることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です