初MRIレポート

ごくたま~に片頭痛があるくらいで頭痛にはほぼ縁は無いのですが、
ここ最近頭痛が、、しかも1週間くらい続いていて。。

普段起こらない体調の変化って気になるし、
且、頭ということでとても嫌な予感が、、もしかして命に関わるものなのかと。

右後頭部にズキズキと痛みを感じていたので、
場所と痛みの種類で調べる調べる。
怖そうな病気の数々がヒットして不安が加速。。

色々調べていくうちにAI診断というものにたどり着く。
40問くらいの設問があり当てはまるものを選んでいくかたちだったんですが、



結果:48時間以内に脳梗塞を発症する可能性がかなり高いです。
   急いで受診されることをおすすめします。


え、、即病院を予約しました。


翌日病院で症状を伝えるとMRI検査の提案を受け、
早速受けることに。

15分程度の検査になります。
検査中はヘッドホンをしますが工事現場並みのうるさい音がしますので、
覚悟をしておいてください。
中には音がうるさすぎて耳が聞こえにくくなったと怒る人もいるくらいですとのアナウンスが。
うるさい音がするイメージなんて全くなかったのですごく意外でした。

検査開始。
検査中に動画を見れるとのことなので10個くらいある中から1つ選ぶ。
動画と言っても風景が若干動く程度のものでした。
明るい気分でいたかったので南の島的な動画を選択。

着替えを済ませイメージ通りのマシーンに横たわる。
ヘッドホンをされ顔の周りを器具で覆われる。
動画が見れるよう目の部分だけは開いている。

開始しますよとの掛け声と同時に本体の空洞のある方のマシーンに吸い込まれる。

ヘッドホンから検査を開始します次の検査には1分かかりますと自動音声でアナウンスがある。
検査の合間合間に若干のインターバルがあり、
次は5分かかります次は4分かかりますと都度アナウンスがあります。
始めに15分程度の検査と聞いていたので終わりがイメージできる点がよかったです。

そして例の音。
工事現場並みと言われていたのでドリル的な爆音がすると想像していたのですが、
実際はブザーのような大きい音が流れ続けるというものでした。
先生がハードルを上げていてくれてたのでこんなもんかという感じでした(笑)

検査終了。
後ほど診察になるとのこと。結果発表ですね。
診察まで20分程度待つことに。

個人的にはその20分間が1番不安でした。
もしを考えた時に何も準備が出来ていないことに気づかされたので。

そして診察へ。
開口一番先生が、
お疲れ様でした。結論命に関わる様なものは見当たりませんでした。
きれいな脳みそですね。
脳みそという表現はその先生特有のものなんでしょうが、
そこは脳でよくない?とツボってニヤけてしまいました(笑)

おそらく異常が無かった人には即結果を伝えてくれる配慮なんでしょうね。
曇り空が一気に晴れるような気持ちになりました。

その後に命に関わる様な症状が出ている脳の写真と僕の写真を対称にして詳しく説明を受けました。
命に関わる病気になっている場合でも無症状なことが結構あるとのことなので、
健康診断のように脳の検査を定期的に受けることも必要かもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です