占い、信じる派?それとも・・・

占い

どうも、ロングです。

ネット集客やプロモーションで、ある先生のスピリチュアル案件にも多少携わっているため、今までよく分からなかった世界についてもかなり詳しくなりました。w

最近、というか前からですが、よく思うのは、程度の差はあれど「世の中はスピリチュアルに溢れている」ということ。
 

たとえば・・・「初詣」「お参り」「手合わせ」「おみくじ」「めざ○しテレビの占い」「お札は揃える」「長財布を使う」「トイレを綺麗にする」「パワーストーンをつける」「お守りを買う」「縁起物」「熊手」「絵馬」「破魔矢」「祈祷」「お祓い」「パワースポットに行く」

「○○するとバチが当たるよ(深層心理で神様や霊的なものを信じている)」「仏壇」「神棚」「風水」「ゲン担ぎで○○する」「○○で運気アップ」「引き寄せの法則」「思考は現実化する」「成功者のやっている○○習慣」などなど・・・今まで気にも留めていなかったけれど、結構やっていることはあるのではないかと思います。

僕は仕事としてアンテナを立てるために、風水や占星術(四柱推命(東洋占星術)や、星座占い(西洋占星術)、動物占い(四柱推命の日柱の十二運が元)、十二支(東洋占星術)など)(よく見かける占い関連の元は全て?占星術らしい)などもインプットしたりしています。
 

さて、そんな中、東京の経営者の先輩から、最近ある本を教えてもらいました。

それが「人生が攻略できる11のドラゴン・メッセージ」という本です。すごい仰々しいネーミングだなと思って少し抵抗があったのですが、簡単に言うと・・・

「東洋占星術と西洋占星術を組み合わせたもの」と言うことです。『なんだ、そんなことか』と思いましたか??そうでしょう!!!僕も最初聞いた時、よく分かりませんでしたw

しかし・・・

世の中には様々な占いや四柱推命といったものや占星術などがありますが、それらは東洋占星術、西洋占星術ではそれぞれ別ものとして分けて考えられていました。(たとえば、星座占いと四柱推命は別物、というような感じ)

つまり、『今まで「東洋占星術」と「西洋占星術」を融合したものはなかった』ということ。世界初(笑)多分

つまり、オンリーワン。

それぞれの歴史ある叡智を集結させて1つにしたものが、この「ドラゴンメッセージ」ということです。

『いにしえの天才たちが研鑽した歴史ある叡智』

その大本の占星術とは、「世界の伝説級の天才たち」が研鑽した、歴史ある叡智であると著者の柳川先生は言います。(カッコいい)

占星術は私たちの先祖が過去4000年以上かけて作り上げてきた人類の叡智。歴史に名を残す天才たちが必死に研究してきた究極のツールです 。

たとえば、東洋占星術においては、その原点は中国の初代王で伝説上の人物とされる「伏羲」が作り上げました。そして、それをかの有名な賢人である「孔子」が、誰にでも使えるようにまとめたのが東洋占星術です。

また西洋占星術においては、「万学の祖」といわれる「アリストテレス」がその原型を構築。天文学者の「プトレマイオス」が占星術の基礎を作りました。

どちらも紀元前に生み出された叡智ですが、その後、現代までの長い歴史の仲で数え切れないほどたくさんの天才たちの研究が続けられました。

そして、膨大なビッグデータとなって、現在の占星術の解釈に至っています。

ただ、占星術にも大きな問題があって、得られる知識が膨大すぎて素人には生活に取り入れにくいのです。

しかも占星術には、東洋占星術と西洋占星術の2つの解釈があるので、なおのこと活用が難しくなります。

これからの時代は東洋と西洋の融合にカギがある

しかし、僕は東洋と西洋の占星術の両方の視点から判断しないと、「正確な結果」にならないことを突き止めました。

本来の自分に気づいた時、あなたの可能性は無限大に広がり、この一生で本当に成し遂げなくてはいけないことを実現する事ができます。

そのための最初の一歩。「本当のあなたに出会う」というとても簡単な、でも人生で最大のインパクトのある体験を、本書を通してご案内します。

「人生が攻略できる11のドラゴン・メッセージ」 柳川隆洸 著

ネットプロモーションに携わっている身からしたら、面白いコンセプト、エッジの効いたUSPだなと思いました。

こういった所が気になるのはきっと職業病でしょう。(マーケティングの匂いがすると、この人の背景はどこにあるのか知りたくなります)

本書では、『幸せに成功している人ほど、占星術はよく当たる』と言います。

先ほどの言葉を借りれば、自分にあった生き方をしているからなのかもしれません。

逆に、『典型的な「占星術がまったく当たらない」タイプの人は、人生をとても難しく生きている人」だと言います。(なるほど、リカバリーも良くできているw(職業病))
 

さて、話を戻すと、十二支は東洋占星術を元に作られているようで、めざましテレビとか雑誌とかでよく見る星座占いは、西洋占星術を元に作られているようです。

占星術は天文学とも言いますし、本来占星術では、生年月日や生まれた時間、生まれた場所まで計算に入れて、読み解くものなので、実はもっと複雑なのかもしれませんね。

月の運行によって、はるか離れた地球の潮の満ち引きが変化しますし、生まれた瞬間の惑星の配置だったり、引力や磁場など影響を受けているという話も聞きます。著者いわく、女性の生理周期も月の周期と一致しているというのは有名な話と言います。
 

著者の言うように、地球のおよそ4分の1の大きさしかない月の動きでさえ、地球に住む僕たちに影響を与えているわけですから、地球の10倍ほどの大きさの木星や土星が、地球に何らかの影響を与えていてもおかしくないのかもしれません。

「もし仮に、惑星の動きが地球に影響しているのだとしたら・・・」という仮説のもと占星術の研究は始まり、その研究と膨大なビッグデータから導き出された統計的な判断の結果、現代の占星術はかなり洗練されてきたということです。
 

風水も似たような考え方があり、たとえば以下サイトによると

古代中国では、人は「自分の誕生日」を選んで生まれてくると言われる。人間が地上に生まれたとき、「地球の磁場」の影響を受けて、自分の「体内磁場」を作ると言われる。この生まれつき備わった磁気を感応する「気質」のことを本命卦(ほんめいか)と言う
http://www.reizan-fusui.jp/honmeike.html

とのこと。

他にも星の位置が影響を与える例として、満月の日には出産率が上がったり、太陽の黒点が少ない時(太陽の活動が活発化すると内部の磁力が表面に現れる)は、戦争が起きる、巨大地震の頻度が高くなるというデータもあるようです。(逆に黒点が増えると宇宙線が少なくなり、宇宙線が少なくなると地球の雲の量が減るなど、相関性があるよう)

東洋占星術と、西洋占星術の違いって?

さて、そんな占星術ですが、それぞれ得意なフィールドに違いがあるようで、ざっくり「東洋占星術」は、主に「生き方や人格」といった人間のキャラクターという「心の傾向」を解釈していて、どうすれば周りの人と仲良く協力して、なおかつ自分らしく生きていくことができるか、という部分で、

「西洋占星術」は、「成功・リーダーシップ」といった、社会で上手く生きていくための「処世的」なニュアンスを教えてくれる傾向が強いようです。(装備すべき武器)

人格力と成功力が、「力ある善人」を作る

(もはや本の見出しのコピーがすごい)ドラゴン・メッセージは、東洋占星術の一つである「九星気学」と西洋占星術を組み合わせたもので、九星気学が教えてくれる情報は主に「人格力」で、西洋占星術が教えてくれる情報は主に「成功力」と言います。

同じ占星術でも、東洋と西洋では作られた文化的背景がまったく違うので、占星術で導き出せる答えにも違いが出てくるようですね。

ロングの運勢w

どうやら僕は九星気学で言えば「八白土星」で、星座は「乙女座」。

八白土星の人格力

1.【強みを発展させる才能】他者や自分の強みに気づき発展させる才能があり、欠点には目を向けないので自他共にやる気を増大させる

2.【優れた教育者】物事が悪い方向へ進んだ時に止める力があり、曲がった生き方を正しい道へと戻す教育者的資質を持っている

3.【強い目標達成力】常に高いところからの視点を持っており、多くの人を従えて目標を達成するようなリーダーシップをとれる実力者

4.【引き継ぎ能力】人や組織が持つ資産や知識や技術を上手く引き継ぎ自分のものとし、さらに他者へと受け渡す能力にも秀でている

5.【変化の天才】常に柔軟な考えを持っており、変化すべきときは大胆な改革をする胆力があり、環境を変えるごとに人生を好転させる

6.【後継者の気質】実家や組織との縁が強く、家族や会社をとても大切にするので、結果的に相続者や後継者となる気質を持っている

・・・良いことしか書いていないw

ちなみに、これは僕と同じ生まれ年の人は、みんな同じです(爆)

さて、オチが付いたところで、次にいってみます。

乙女座の成功力(装備すべき武器)

1.【自己コントロールの達人】個人の完成を目指し、自己を完全にコントロールできるように訓練し、可能にする能力を持つ(筋トレも、脱毛も、若作りも自己満です)

2.【霊性を高める】本気になれば何でも実現できる自信を持ち、さらなる自己完成を求め、霊性を理解し可能性を広げる(今、スピ案件に多少携わってます(爆))

3.【高い実務能力】高い忍耐力に優れ、可能性の限界を突破するために多くの節制と反省を繰り返して有能な存在となる

4.【分析的な判断】細かいことに鋭さを発揮し、分析や統計等の客観的な視点で判断をするので、致命的な間違いを避けることができる(いのしし年の猪突猛進な所が顔を出すので、一晩寝かせることも大事か?w)

5.【他者の役に立つ】他者からの要求に完全に応えられるように、実用的な能力を身につけて、時には自己犠牲的に奉仕し人の役に立つ

・・・ちなみに、全ての乙女座生まれの人はみんな同じです(爆)
 

まあ、本書に書いてあることは、「占星術の膨大な情報の中から分かりやすく選びぬいてお伝えしているもの」だと言います。

実際には生まれた時間や場所も関係するようですから、さらに膨大な情報や詳細があるのでしょう。

そして、これら「九星気学」「星座」のメッセージを見て、素直に「できている」と思うものにチェックをして採点をすることで、「自分がどれだけ素直に自分らしく生きることができているか」が分かるようです。

4点以下なら黄色信号のようです!w

点数が低い人ほど人生大逆転のチャンス

(いや、だから見出しのコピーがすごい)このように現状をチェックすることで、自分では自分らしく生きているつもりでも、じつはまったくあなたの魅力が発揮できていない生き方をしてしまっているかもしれないとのこと。

現状をしっかり把握できると、次はどうすれ良いのかが明確になる・・・

点数が低かった人からすると気になるかもしれませんが、今回の結果が低い人ほど、改善してしまえば面白いように人生が好転していくことが実感できるようです。

お試しあれ!

成功者は地球星座のドラゴン・メッセージにアクセスしている

(もはや何も言うまい)さらに・・・、自分の対極にある星座のメッセージを見ると、実は裏メッセージになっている・・・とのこと。

詳細は書籍を読んでほしいのですが、太陽からの視点で地球の方向を見る。つまり、自分の星座の真逆にある星座を見れば、太陽から見た地球の星座を知ることができるといいます。

『この地球星座がイノベーションを生み出すカギになります。』

僕は思いました。対極?
 

・・・・

・・・
 

『・・・うお座だ!!!!』と。
 

魚座の成功力

1.【総合的な判断力】この世で、本当に大切なものは何かということを常に意識し、もっとも総合的な視点から物事の評価を下せる人

2.【達観した思考】人生をトータルな視点で見つめる能力があり、スピリチュアルな分野に適正がある。達観した思考で判断をする

3.【伝統とのご縁】古来続く精神的な文化や学問、宗教に適正があり、それを受け継ぎ他者に広める能力を持つ

4.【芸能・興行の適正】ゲームなど娯楽を考案することに才能を発揮し、芸能・興行においての高い適性を持つ

5.【イメージの具現化能力】自分でイメージしたことを、現実に落としこむ能力を持つので、他者に夢を与える仕事で才能が開く

なるほど、これが地球星座のメッセージか。

対極にある星座のメッセージも意識すると良いようです。(スピ要素多いな)

やってみたいなーという人はお試しあれ。

占星術を信じない「成金」、占星術を信じる「本物のお金持ち」

本書によると、モルガン財閥の金融王のジョン・モルガン(J・Pモルガン)もニューヨーク・タイムズのインタビューで『億万長者は占星術を信じないが、大富豪はこれを活用する』と答えているようです。

ちなみに・・・知ってました?

トランプタワーって、風水を元に建設されているようです。(トランプ氏のそばには専属のパン・インという風水師がいる)

また、草創期のMicrosoft社は、風水(中国風水の原型?のインド系のやつ)を取り入れていたと言いますし、ビル・ゲイツ氏が超豪華なマンションを選ぶ際に、風水を見てもらった話は有名なようです。

他にもメリルリンチ、ユニバーサルスタジオ、フォード、IBM・・・、様々な企業や富豪が取り入れており、風水はアメリカでも割と知名度があるようです。すげーな。どれくらいの認知度なんだろう。

アメリカ大統領の執務室は丸い形でオーバルルームと言いますが、これも何か意味があったような・・・思い出したら追記しますw

『我々は自分たちの建物をつくりあげる。すると今度は、我々がつくった建物が我々をつくりあげる。』
by ウィンストン・チャーチル(元英首相)

それほど建物(家・部屋)は大事ということのようです。

自分の中で風水は、学生の時に見た本の「Dr.コパ」さんで止まっていますw
(コパさんの本を読みながら部屋の模様替えをしました)
 

さて、ドラゴンメッセージの著者の柳川氏のウェブサイトを覗いてみると、「オーダーメイドのパーソナルカレンダー」なるものを見つけました。

『あなたの運勢が書かれた世界にひとつだけのオーダーメイドカレンダー』
分かっているだけでも、4,000年以上前から研究されてきた西洋占星術の知識を駆使して、あなたの2021年がどのような傾向の一年になるのかを詳しく調べます。
http://www.timedirection.com/

2021年の詳細が記入されているようなので、どうなのか?試してみようと思います。ちょっと面白いかも。

生まれた時間も必要なようなので、実家に行った際は母子手帳を探してみますw

個人向けのドラゴンメッセージのコンサルティングも対面・オンラインでやっているみたいですが、初めての方向けは予約が集中しているようで、オンラインは7月まで埋まっていて8月からの案内になるようです。人気だね。
 

さてさて、いかがだったでしょうか??

「ちょっと興味あるな」という人もいれば、「別にいいや」という人もいると思います。

それはそれで良いかなと思います。良いと思ったものは取り入れて参考にすればいいし、興味がないなら今まで通りで良いでしょう。人それぞれ。

ただし、僕は占いやスピリチュアルなことに傾倒することは絶対にやってはいけないと思います。よくいますよね、「スピリチュアルなことだけ」にどっぷりな人や信じた宗教に盲目になっている人。

これらはあくまで精神的なものであり、補完的なものであると思いますので、現実世界を歩んでいる僕らにとって、その中間を歩むなら良いのではと思います。

現実逃避せず、現実をきちんと直視して、現実を良くしながらスピ要素も参考に取り入れるのは良いのではないでしょうか。でも、「スピだけ」に偏るのは違うと思います。
 

信じるものは救われる?それは一理あるかもしれません。しかし、決断せず、覚悟を決めず、行動せず、信じるだけでは人生は変わらないからです。(思考停止で神様任せ、他力本願では神様もかわいそうですw)

思考は現実化する?それも一理あるかもしれません。潜在意識とは「記憶」ですから、その刷り込みにより潜在意識に入り、実現に向けて動き始めるから変わるのでしょう。

そうです、間に抜けている言葉を補完するなら、『思考は行動してはじめて、現実化する』ということ。

今手持ちの引き出しが足りないなら、現実化するために必要な手段を探し、それをどうしても手に入れること。ゴールから逆算して実行することが大事だと思います。
 

だってそうですよね?神様がいたとして、「願いを叶えてください」「○○になりますように」とだけで、その実現のために何の努力も行動もしなければ、神様任せ。丸投げ。そんな他力本願の人には願いを叶えたくないですよね。

「願いは叶えてほしいけど、努力はしたくない」「何の努力もせずに成功したい」「人生を良くしたい」(神様お願い)と言っているようなものです。自分の立場だったとしても叶えたくないでしょうw

もちろん、努力の仕方が分からない場合もあるかもしれません。手探りでも、人との縁でも良いので探し、見つけ、手に入れることです。それも含めて、人生の学び、努力だと思います。

努力が全て報われるとは限りませんが、上手くいっている人は誰もが皆んな努力しています。そんな頑張っている人には力を貸してくれるかもしれません。メイビー
 

というわけで・・・
 

「信じるか信じないかは、あなた次第です!!!」
 

それ以上に現実もきちんと歩んでいきましょう。
 

興味がある人はぜひ読んでみてね。

人生が攻略できる11のドラゴン・メッセージ 柳川隆洸

 

P.S.

ついに僕らもヒーリングができるようになりました。

これが証拠です。
 
 
 

ラブ注入。

(爆)
 
 
 

それでは、アデュー。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です