厄年を「飛躍の年」にする思考

早いもので、2020年もあと数日で終わりですね。

今年は【 本厄 】&六星占術で【 大殺界(減退) 】という
「縁起が悪い」とされているものが2つ重なった年でした。汗


それでも、1年を振り返ってみると、
中国発のコロナが世界的に流行してしまったことと、
身内に不幸があったことはとても残念でしたけど、

仕事面では、去年から携わっている案件が形になったし、
プライベートでは、半年以上放置していた課題をやり終えたり、
タバコを止めたり、ウォーキングや食事制限、筋トレを始めたりと、
個人的には充足した年になりました^^


充足した1年になったのは、結果論ではありません。

納税日本一として知られている斎藤一人さんの
厄年を飛躍の年にする」という話のおかげです。


その内容は、

神様の究極的な願いっていうのは、
自分のまわりにいる人に笑顔だとか、優しい声で話しなさい
これだけなんです。


で、これをやってる人は、厄年にくると急に飛躍しちゃうんです。

ポーンと良くなっちゃうんです。


やってない人に
「お前、やってなくてダメじゃないか」
って、こういうのがくるんです。

わかりますよね。


だから、厄年なんていうのは、
日頃、人に対して悪いこともしてないと、
いつも笑顔ですよと、
言っているような人に厄年なんて無いんです。


それは「飛躍の年」なんです。


で、神様にこう言うんです。


「オレ、いつもニコニコしてるんだから神様お願いしますよ~。
 ガッチリ頼みますよ、【躍年】なんだから~。
 バーンといかしてくださいよ~」

って、言える人間じゃないとダメなんです。


お祓いに行くようじゃダメなんです(笑)


「しっかりお願いしますよ~」
と、神様に対等に話が出来る。

これにならないとダメですよ。


だから厄年なんて怖いことでも何でもないですよ。


というものです。


この話を何年も前から、音声で何十回も聞いていたので、
厄年には飛躍する」ものだと思っていました。

だから、禁煙やウォーキング、食事制限や筋トレにトライして、
結果、それらを習慣にすることが出来たんだと思っています。


コップに半分の水」の話は有名ですけど、

半分しかないと捉えるか
半分も入っていると捉えるか

によって、行動が変わります。

結局、物事をどのように捉えるのか? が大切なんですよね。



厄年も、物事の捉え方によって飛躍の年になりますし、できます。


斎藤一人さんの「厄年の話」

これから厄年を迎える人はぜひ一人さんの動画をご覧になって、
厄年に対する考え方、日本一の考え方に触れてみてください。



2021年は【 後厄 】&【 大殺界(停止) 】ですが、本年同様に
物事を良き方に捉え、良き行動に繋げ、良き年にしようと思います。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です