大腸検査・本編

プログラマのkajiです。

前回の予告通り、大腸の内視鏡検査に行ってきました。
今回はそのレポートとなります。

事前準備

内臓の検査なので食事制限があり、数日前から繊維の多いものは取らないようにしていました。
さらに前日は晩御飯は8時までという事だったので、そそくさと帰宅させていただき具なしうどんを食べました。
その後は下剤を飲み、出すものを出して就寝。

当日は朝6時に起床。
モビプレップという腸内洗浄薬を飲みます。

2リットルあるそれをがぶ飲みするのではなくコップ1杯を15分くらい時間をかけて飲みます。
水分が腸に吸収され脱水症状が起きるため飲んだ分の半分の水もチェイサーとして飲みます。
飲む。飲む。ひたすら便が水になるまでそれを繰り返す。
終わったのは2時間後。安いトイレットペーパーで拭きまくった尻が痛い。

病院へ向かう

予約は15時からなので、それまで二度寝してから病院に向かいます。
鎮静剤を打つので乗り物に乗るのは禁止。
とはいえ歩きで行くには遠いし、タクシーも使いたくないので家族に送ってもらいました、チャリで。

病院で受付を済ませた後、体温と血圧を測って、尻の空いた服に着替えさせられました。
そして看護師さんの問診の後、点滴を打たれました。
スタンドに吊るされた歩き回れる点滴は初めてだったので楽しかったです。

その状態で点滴を付けたまま椅子で準備が整うのを待ちます。
何気にこの待ち時間が長かったです。30分くらい待った気がする。
そうしてお呼びがかかり、いざ本番!

開始される大腸検査

ベッドに横向きに寝かされ背中を固定される。
刺しっぱなしの点滴を鎮静剤に替えられ内視鏡開始。

なのですが、残念ながら検査中の記憶が殆どありません。
そう、何も覚えていないから書くこともないのだ。
始まるまでを長々と書いたのはそのためである。

鎮静剤を打たれてすぐにスゥーと眠ってしまいました。
朧気にあらゆる種類の腹痛を体験したような記憶がなくもないのですが。
鎮静剤なかったら地獄だったのでは? と思わなくもない。

その後、休憩室で睡眠。1時間ほど眠って終了。
帰宅の際、休憩室が2階にあったことすらそこで初めて知りました。
どうやってここまで来たのか記憶が飛んでいる、鎮静剤恐ろしい子。

検査が終わって

若干の眠気で頭がボーとしながら迎えの連絡をよこして帰宅。
家についたのが18時くらいだったので、ほぼ丸1日絶食したという事になりますね。
まあたらふく水を飲んだので、意外と死ぬほど空腹という程ではなかったですが。
消化の良いものしかダメという事なので、具ありうどんを食べました。

体験レポートは以上となります。
本編である大腸検査中の記憶が完全に飛んでてレポートしてはアレですが。
苦痛なしでいろいろできるのは素晴らしいですね。今後も推していきたい。

あとがき

検査結果はまた後日。何事ないといいのですが。
いや、腹痛が原因不明のままだとそれはそれで困るので、深刻にならない程度に何事もあるとベストですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です