家族が増えました

こんにちは、おはまです。


実は今年の初め頃に、これまで苦楽を共にした家族の一員である我が家の猫「ミーミー」が20年という大往生を迎えました。

いつかその時が来るだろうな〜という覚悟はできていましたが、いざその時を迎えるとやはり悲しいものです。
しかしながらさすが長寿県、沖縄の猫。20年も生きたのはすごいと思いますし、今はただ感謝の気持ちでいっぱいです。

ロス気味でした

とはいえ、これまで当たり前のように「そこにいた」存在が急にいなくなったことを実感すると、なかなかセンチメンタルになりました。

大往生を迎えた彼女をこちらは元気で見送ったはずなのですが、


「あ、これがロスってやつか」

と、初めての感覚を味わいました。


1ヶ月ぐらいはかなり凹んでいましたが、今は時々そう思うぐらいで基本的にはロスを抜けたかな。という感じです。

そして…

新しい家族

そんなある日、家に帰ると…

なんかいました。

私の妹の職場近辺で捨てられているところ(可哀想に!)を保護したようです。

およそ生後1週間ぐらいでしょうか。
メヤニとノミが目立つので、一旦綺麗にして後日、動物病院に連れて行きました。

そしてそのまま成り行きでうちの子に。

名前は「ロンロン」

小籠包のロンらしいです。なぜ小籠包かは妹が好きな食べ物だそうで(なんやねん)

病院に連れて行って以降は、ご飯もよく食べ、すくすくと育っています。

どことなく毛の感じもミーミーに似ていますね。
これからの成長が楽しみです^_^

というわけで、新しい家族が増えました。

ミーミーとの思い出を大切にしつつ、ロンロンと新しい思い出を作っていけたらなと思います!

今回の記事はそういった自分の近況でした。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です