年の瀬に思うこと【オカルト】



2021年は【 後厄 】 & 六星占術では【 大殺界(停止) 】という年でしたが、1年間無事に過ごせたことを深く感謝します^^


今年いっぱいで厄年は終わりますが、来年も大殺界(減退)と、縁起が良い年ではありません。。

まあ、だからと言って気にする事は何もないんですけどね。

どういう心持ちで日々過ごすかが重要なので^^



さて、今年を振り返ってみると、良かったことが2つありました。


一つ目は、懸垂ができるようになったこと

去年チャレンジした時には一回もできず、「ここまで衰えているのか・・・」と衝撃を受けました。。


万が一、リポビタンDのCM、「ファイトー、一発!」のような状況になったら100%死んでしまうので、せめて1回はできるようになろうと一念発起。

いつもウォーキングしてるトロピカルビーチで懸垂できるところを見つけたので、ぶら下がるところから開始して、いまでは最高9回できるようになりました。

懸垂ができるようになったことで、今までは死んでいた場面で(たぶん)死ななくなったのは、「生き物」という視点からするとものすごい成長だと思います^^


二つ目は、友達ができたこと

前回のブログでも紹介しましたが、小さな友達(ネコ)ができました^^


特に、この「ちび」がマジでかわいい!!


健康のために昨年から始めたウォーキングは、最近では「ちび」に会うことが目的になっています。


仕事面でも、携わっている案件で物販の仕組みを構築したり、お客さんと直接お会いする機会を具現化することができました。

仕事を通じてお客さんに喜びを与えられた実感もあるので、総じて考えると良い年になったなぁと感じています^^
この前、四暗刻もツモれたしw



で、1年を振り返った後、自分の人生何がしたいのか、残りの人生をどう生きていくかについても考えてみました。

世界的ベストセラーの名著『7つの習慣』の「終わりを思い描くことから始める」っていうヤツです。


思い返せば自分はず~っと前から、子供のころから「こうなったらいいなー」と願い続けてることがあります。

それは、自分が生きている間に不思議とされていることが解明されて欲しい、ということです。


例えば、

ピラミッドがどのように作られたのか?
人類の起源
夢のメカニズム
幽霊の存在
アトランティスやムー大陸
他の惑星に宇宙人はいるか?

などです。(最近では南極大陸も気になってます)

まあ、それが解明されたところで「へぇ~!」ってなるだけですけどね。汗



最近ではそれらに加え「未来」も知りたいと思うようになりました。


これからの時代はどんどん面白くなっていくと思います。

例えば、日本政府が公表している『ムーンショット目標』では、2050年までに「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」するとされています。

ムーンショット目標の詳細は内閣府のサイトをご覧ください。
https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/target.html


現在でもマーク・ザッカーバーグが「メタバース」(仮想空間)に力を入れてますし、もしムーンショット目標が実現すれば、メタバースに精神を送って仮想空間の中で永遠に生き続けられるようになるかも知れません。


また、ジェフ・ベゾスやイーロン・マスクは宇宙進出に力を入れていて、イーロン・マスクは2050年までに火星に100万人の都市を建設すると公言しているので、火星への移住が夢物語ではなくなるかも知れません。


更に言うと、トランスヒューマニズムが進むことによって、人類は他の惑星や宇宙空間でも生存できるようになるかも知れませんし、肉体を持ったまま「不老不死」が実現するかも知れません。

ここまでいくと、もはや【神の領域】ですね。。


2050年まで、あと30年弱。

それまでに人類は、いまでは考えられないような生活をしているかも知れません。


2050年、自分は71歳になっています。

そこまで生きることができれば、「過去の不思議」が解明されるかも知れませんし、トランスヒューマニズムによって、もしくはメタバース内で永遠に生き続けることができるようになるかも知れません。

それらを踏まえて、ひねり出した今後の人生の目標は【最低でも71歳までは生きる

これが人生の大目標ですね。

その為には「心身共に健康な状態を保つこと」が重要なので、より一層健康には留意していこうと思っています。



長生きするためには「健康」だけでなく、危険を回避すること(リスクヘッジ)も大切です。


ここからはちょっとオカルトっぽい話になりますけど、2022年から2038年にかけて、大地震大津波火山噴火日本沈没などの予言が多くされています。


例えば、予知夢の的中率が100%という漫画家のたつき諒さんの著、『私が見た未来 完全版』では、「本当の大災難は2025年7月にやってくる」とされています。



その予言の内容は、日本とフィリピンの中間の海底が噴火し、東日本大震災の3倍もの津波が太平洋周辺の国に押し寄せるというものです。

日本とフィリピンの中間にある沖縄はピンポイントでヤバそうですね。。汗

あのUSJを再建させた、日本を代表するマーケターの森岡毅さんが、2025年の完成を目途に沖縄県北部にテーマパーク設立に向けて活動されているので、テーマパークの完成後、人が集まった時に地震と津波がこないことを願うばかりです。。


また、『やりすぎ都市伝説 2021 冬』では、南海トラフ巨大地震が2035年に起こる確率が高いと、権威ある人が話してました。

津波は34メートルにもなり、被害は「東日本大震災の17倍」にもなる見込みのようです。。怖


特に、静岡愛知三重和歌山徳島高知宮崎はかなりヤバいことになるみたいです。汗

和歌山県だと最短2分、静岡県だと5分程度で津波が到達するらしいので、津波が起きてから逃げても間に合いません。。

だから「防災ではなく減災が大切」だと言っていました。


君子危うきに近寄らず

そもそも危険とされているところには住まないのが定石なので、このことは頭に入れておきたいところです。



ただ、これらの災害が【神罰】だとすると、逃れる術はないのかも知れません。

スピリチュアルの観点からすると、人類は『魂の成長』の為に何度も生まれ変わりを繰り返しています(輪廻転生


車の運転で例えると、「」は運転手で、「肉体」は車です。

車が古くなったら新しい車に乗り換えるうように、「」という運転手は肉体が朽ちたら、また新しい肉体へと生まれ変わります。

不老不死が実現したり、メタバース内で永遠に生きられることが実現したら、神が定めた輪廻転生の法則が崩れてしまいます


地球では、これまでに5回の大量絶滅が起きたとされています。

人類が、神が定めた輪廻転生の法則に抗い、不老不死を求めた結果、神の逆鱗に触れて神罰が下り、6度目の大量絶滅が訪れる、ということも十分考えられます。


これから人類がどういう未来を描き、何を選択していくのか?
そして、どのような結末を迎えるのか?


先のことは誰にもわかりませんが、せっかくこの時代に生きているので、ぜひそれを見届けたいと思ってます。


話をまとめると、71歳まで生きることを目標に、リスクヘッジを念頭におきつつ、これからもウォーキングをはじめとする健康な身体づくりに励んでいこうと思っています。


ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です