忘れてしまいがちな「疑問に思う」ということ

no image

どうも、97です。

2020年がスタートして、
もう1ヶ月が経とうとしています。

本当に時間が立つのはあっというまで、

仕事が立て込んでいる時期などは、
それこそ気づけば外が暗くなっているということも
日常茶飯事ですよね。

そんなこんなで、
私個人としては1発目のブログ

1月初め頃には書いておこうと思っていたんですが
もう1月も最終日。。。

そんな自分に向けて、
基本中の基本このネタでいってみます!

日々の忙しさで忘れてしまいがちな「疑問に思う」ということ

「当たり前」にも疑問をもってみよう

何かに集中・没頭して自分が
みんなとは違う時間を進んでいるような感覚。。。

「ゾーン」っていうんですか?

そうゆう作業をすることも好きだったりする僕ですが、
仕事においては、それだけで終わってしまうと
結構危険だったりもします。

仕事となると、そうゆうことが絶対に必要なときも
もちろんあるんですが、

例えば、テンプレ的に当たり前のようにやっていることや、
この方法がベストだ!と思っていることに対して、

「これは本当にベストな方法なのか?」
「他にいい方法がないか少し角度を変えてみようか?」

といった疑問の持ち方をすることで、

 → 『じゃあ、こうすればより良い方向にいくんじゃないか!?』

といったアイディアがでることもあります。

特にネット社会は動きが早く、
取り巻く環境も変わっていきます。

日々の忙しさに乗っているだけだと、
今の状態が最高の状態なのかと判断するとすることすら
できなくなってしまうということですね。

なので常に【疑問に思う→考る】ことが、
まず“成長の第一歩”として大切になってきます。

疑問に思うことすらしなければ
考えることすらしなくなって、完全に成長が止まっていますね。

もちろん【疑問に思う→考る】から
次のステージというのが存在していて

そこには経験・知識などなどが必要だったりもしますが、
もしそれが自分のキャパを超えていることであれば、

このスペシャリストが集まったハイロックスのメンバーの、
意見やアドバイスのレバレッジを借りることができるという環境に
身を置けているというのも嬉しい限りです。
(ハイロックスの皆さんここ重要ですよ! [ゴマすりw])

eラーニング系の商品に携わって、
お客さんの対応をすることもあるんですが、
もらった質問に対して答えを教えてあげるのも良いですが、

ヒントを出してあげて正解に導いてあげると、
とたんに、一気に成長する方もいらっしゃいます。

なので考えるってホント大事。

※全くゼロの人もいらっしゃるので、
 そうゆう人なのかという見極めがスゴく大切ではありますw

ということで、僕個人の第1発目のブログは、

基本中の基本だけど忘れてしまいがちな、
日々疑問に思うことを意識して成長していきましょう!っていう
自分への言い聞かせでしたw

明日からの2月の沖縄といえば、
スポーツチームのキャンプシーズンです。

プロ野球が注目されがちですが、
個人的にはサッカーの方が興味ありあり!

コロナウイルスに気をつけつつ
見学にいきたいなーーとっ

次回はそのへんのネタだったり?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です