植物に興味が!数十年に1度の開花

最近、植物に興味を持ち出した97です。

中でも【ビザールプランツ】と呼ばれる植物に興味しんしんで、
インスタなどで色々とチェックしていました。

それで少し植物の名前なんかも覚えてきたある日、
会社の駐車場に放置されている?植物に目がいきました。

「あれっ?これアガベじゃね?」とw

アガベは、リュウゼツラン科の植物で

基本的には、ロゼットに展開する葉を楽しむような植物で、
花を咲かせるまでに数十年掛かると言われているそうです。

花を咲かせるのが遅いため
昔は100年(1世紀)に一度開花すると誤認されたことから
英語で“century plant”(センチュリー・プラント)と呼ばれているとのこと!

こういった感じの植物です。

 

そんなアガベがいつも利用している駐車場にいることに気づいたというわけですねw

で、なんと数十年に1度という花を咲かそうとしている!!

花の咲かせ方も独特で、葉っぱの真ん中の部分が伸びて花を咲かせます。
軽く2mは超えているんじゃないかとw それがこちらっ
(おそらく【アガベ アメリカーナ】という品種かな?)

 

花の部分がこういった感じで、まだつぼみの状態ですね!

 

アガベの開花は以前ニュースでも取り上げられたくらい珍しいものなので
身近なところで出会えたことに感動しました!!

 

これから花を咲かすのを密かに楽しみにしている97でしたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です