沖縄の自販機って・・・

この記事を見てる人が沖縄県民の人ならあんまりピンとこないと思いますが、沖縄の自販機に何が売られているのか・・・

チョットだけ気になりません??

本土の自販機で売られているのは大体同じようなものが売られているんですけど、沖縄はちょっと違うんです。

では見ていきましょー!

まずは飲料系最大手のコカ・コーラ・・・

普通ですね(笑)

ファンタグレープの左横にあるのが気になりますが、本土の自販機でもあった気がする・・・

他のコカ・コーラの自販機は違うのかもしれない・・・

では次に・・・

UCCです。

ちょっと写真ミスったなー・・・ですが、さんぴん茶がやたら並んでて、右上にはシークワーサーソーダという特殊な飲み物があります。

僕は飲んだことないので分かりませんけど、想像だけでいくと

レモンに近い感じの甘酸っぱいジュースにソーダが入ってるやつでしょう・・・知らんけど。

そして次は・・・

Asahiです。

一見まあ普通かなーという感じですが、さんぴん茶が紛れ込んでいる!

あとポカリスエットって大塚製薬ですけど、Asahiの自販機に混じっているのが僕としては違和感凄い。。。

さてさて、次は・・・

ダイドーです。

やっぱりさんぴん茶は欠かせませんね!

そして一番下の列が暖かい飲み物になってます。

他の自販機も暖かいのがありますが、2月というのもあって流石に沖縄でも暖かい飲み物を用意してくれてますね。

ただ気温は25℃とかあるので、需要あるんだろうか・・・?

そして最後に・・・

サントリーです。

やっぱりさんぴん茶ありますね~。

ここまでくると、さんぴん茶とは何かを書いておくと、

ジャスミン茶ってことでした(笑)

中国語の香片茶(シャンベンツァー) というのがジャスミン茶なんですが、それがなまって、さんぴん茶になったとされてるんですね。

本土でいうところの麦茶の感じで、沖縄ではさんぴん茶を飲んでいます。

・効果効能

さんぴん茶の原料になっているジャスミンの花には、ベンデルアセテートという成分が含まれていて、自律神経を整えてくれる働きがあって、気分をリラックスさせて憂鬱を取り除いてくれます。

とりわけ沖縄県民は明るいイメージがありますが、さんぴん茶のおかげかもしれません。

ちなみに僕は沖縄で自販機にあるものだと、バヤリースのマンゴージュースが好きです。

沖縄に来たらバヤリースのマンゴージュースはおススメですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です