違う形ででたコロナウィルスの影響

画像は大腸菌なので悪しからず。

いろいろおくれて今更投稿ってかんじなんだけど、ちょっとまわりとはちがうこと勝手に垂れ流してみる。

コロナウィルスの話題が日に日に大きくなっているんだけど、いちおう僕が生まれてきてこの手のパニックは海外でのエボラだとか炭そ菌だとかそういうの以外はあんまり記憶にない。とはいえ昨日食べた飯もたまに忘れるので記憶の正確さがそもそも。

いやこんなことはなししたいんじゃなくて別の話でしたね。

コロナウィルスのリアルへの影響は学校の全面休校をはじめかなりおおきくなってますが、ことネットにおいても影響があります。

とはいえ思ってる影響とはちょっと違う形ですね。

まず、YouTubeにおいてはコロナを題材とした動画はかなりナイーブなものであるということで「広告がつかない」ないし「広告に大きく制限」が入るようです。

結局YouTubeで食ってる投稿者ってこの手の時事ネタで食ってるやつも多いんだけど、タチの悪いことにこれを売名行為のために都合のいい動画をあげてるやつとか根も葉もないことあげてるひともいるわけですね。

この手の対応ってYouTubeは正直遅いか、だいぶ大きな問題になった場合にあわてて対応が入るイメージなんですけど、今回はおもったより早かったですね。

あと別で話題になったのが 「Plague Inc 」ってゲームですな。

もともとこのゲーム昔からあって「ウィルスを繁殖させて人類を全滅させる」って内容のシミュレーションゲームなんですがよくできてて知る人ぞ知るってゲームでしたね。

スマホでもできるのでわりかしおもったより知名度あるかもしれないけど。

でこのゲーム、いち早くコロナに合わせてコロナウィルスイベントを実装するとかいうちょっと日本でやったら全力で怒られそうなイベントをやりまして最近再度ブレイクしたんですよね。

いや、怒られるけどうまいとおもいます。怒られるなおれ。
というよりこのゲームだからなんか許された感じはある。

ただ最近急に中国のゲーム市場から一気に締め出しくらいまして中国では買えないそうです。

それと最近ゲームの調整が入り、日本だとウィルス感染が進みやすくなったそうです。

なめとんのかw

風が吹けば桶屋が儲かる。ではないですが一見悪い出来事でもしたたかな誰かが儲かってるのかなぁとおもうとなんとも微妙な顔になる今日この頃ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です