RTA in Japan面白いっていう話

8月31日……そう、それはいつまでも学生時代の心を忘れない人間にとって、ギリギリ〆切の日という思い出の詰まった素敵な日……

あれはいったい何年……十何年?前でしょう……当時の私は今頃美術のポスター課題をひいこら描いていた覚えがあります。

いまでもギリギリになった方が色々なものが捗ってしまう性質を変えられないヘビ子です。ごきげんよう。

今月はなんだか不思議な陽気で、8月半ばころはまさかの気温急降下で長袖を着たりしました。
暑いはずの8月に長袖is何……?
一番ひどい時には室内用靴下まで装備した日もありました。
だって寒かったんだもの。

ステイホームまたの名を引きこもりに拍車がかかる昨今。
寒いし出たくないしとベッドでうだうだ家でだらだらと過ごしていた私は、iPhoneでいつものTwitterのTL監視をしていると……

季節外れの寒い中、オンラインで熱いイベントが開催されているのが目に飛び込んできたのです。

それが今回の主役、

RTA in Japanです!!

RTA in Japanとは

>RTA in Japanは、日本で開く大規模RTAイベントです。RTAプレイヤーが一同に介し、それぞれの持ちゲームを代わる代わるRTAとしてプレイします。
>夏に『RTA in Japan Summer』を、冬に『RTA in Japan Winter』を開催しています。

公式サイトより引用 https://rtain.jp/

ということです!

そう、急に言われてもなんだかよくわかりませんね。

このイベントを説明するにはまず、「RTA」というものについての説明が必要になります。

RTA(アールティーエー)とは

>RTAとは、ゲームを最初からプレイして実時間でどれだけ早くクリアできるのかを競う遊び方です。
実時間で時間を競うことから、リアルタイムアタックと呼ばれており、RTAはReal Time Attackの頭文字を取った略称です。
>タイムアタックは海外ではSpeedrunという呼び方でも親しまれており、世界各国で楽しまれているゲームの遊び方です。

公式サイトより引用 https://rtain.jp/

なるほど!ちょっと分かって来た!

長い、三行

よくばりさんめ!!とてもすごくざっくりしているけどまずはこんな感じで!

1)ゲームを早くクリアしてそのタイムを競う遊びがある
=RTA

2)そのタイムを競う遊び(RTA)を集めて開催されるお祭りで一般も配信を見られる
=RTA in Japan

3)イベント期間中はずっと絶え間なくいろんなゲームでいろんなプレイヤーがゲームをプレイする
=このイベントの醍醐味

それでもやっぱ説明が長いな!

実践

これ見た方が早いのでは?ということで、ゲーム実況だと思って見てみてください。
しかし通常のゲーム実況と違うのは、目的が「早くクリアすること」です。実際のプレイ時間が重要なポイントです。

というわけで、見やすいものを今年の中から主観で選びました。

同時接続(リアルタイムでの視聴者数)なんと18万人。
伝説を作った17分間をぜひご一緒に。

リングフィットアドベンチャーRTAです。


◆リングフィットアドベンチャー – RTA in Japan Summer 2021


こちらは走者(プレイヤーをそう呼びます)が1人、webカメラにて、実際のプレイ状況を画面左上のワイプで確認できるカテゴリでの挑戦です。

RTAの面白いところとして、走者とは別に実況、解説が設けられる場合があること。(走者自身が解説、実況をしながらの走りもあります)

そして見所は、ここでの喋り!

このリングフィットアドベンチャーRTAをご紹介した理由のひとつが、実況を担当する人が元アナウンサーであるため、なじみがない人でも聞きやすいかと思った点。

そして解説も実際に走者としてこのリングフィットを遊んでいるひとなので熱が入る(まあこれはどの走りでもそうですが)からこその面白さがあります。

このゲームを実際に遊んだことが無かったとしても、何がすごいのか、解説者の熱狂っぷりで察することもできます。

これだけではなく、このようなメジャーゲームでのRTAも。
(個人的にはマリオカート64はめちゃくちゃ世代なので、自分でプレイしていたころにやっていたショートカット方法が使われていたりしてアガりました)


◆マリオカート64 – RTA in Japan Summer 2021


◆ポケットモンスター ソード&シールド – RTA in Japan Summer 2021

動画の時間をぱっと見て分かる通り、ゲームによってかなり所要時間が違います。
30分前後のものもあれば数時間かかるものも。
気になるタイトルや、視聴時間で選択してみるのもありです。


◆一覧URL

https://www.youtube.com/playlist?list=PLFvJYuQufMw57FrcD9wOIOvC8owiesDPA

他にもお勧めしたいものはたくさんあるのですが……個人的なオススメはあとでまとめて一覧にするとして。
(RTA in Japan Summer2021では合計77本のゲームがプレイされ、5日間にわたり開催されました。)

なんで急にRTAを見始めたのか

今まで、存在はなんとなく知っていました。RTAというジャンルも、RTA in Japanというお祭りも。

RTA in Japanの第1回は2016年に始まり、現在では毎年冬と夏開催されており、今年もそうでしたがTwitterでその盛り上がりの片鱗がのぞき見出来ます。
じゃあなんで今年は見たのか。

だって聖剣3ToMのRTAがやってるって言うから………………………

こいつまた聖剣3の話してる……………(´・ω・`)

新しい世界というのは、従来の自分の世界で重要な位置に座るジャンルが優しく手を引いてくれるものです。

だって通常数十時間でクリアするはずのRPGをスタートからクリア(ラスボス撃破)まで3時間弱でこなすとかどういうことですか????????????????????

ってなるじゃないですか。

というわけで自分のTwitterアカウントのTLに流れてくるゲームの進行状況を見てうずうずしてその配信のアーカイブに手を出したのでした…………………

RTAの面白さは、実際に該当のゲームをプレイしたことがあるとまた違った面白さを見出すことが出来ます。
早さを競う遊び方ですから、動きが最適化されているため、通常のプレイでも使える攻撃方法、移動方法、アイテムやスキルの使い方を学ぶことが出来ます。

あと余計に「なんつー動きをしているんだ!」というプレイに対する感想が、プレイしているからこそわかるすごさが湧いて出てくるわけです。

そして配信を追いかけた後は久しぶりに該当ゲームを起動しプレイして全く違う雑魚い動きをする自分のプレイにがっかりするまでがワンセットです。もっと練習しましょう。


◆聖剣伝説3 TRIALS of MANA – RTA in Japan Summer 2021

気が付くと気になるゲームのRTAを追っている自分がいた

ちょうど週末の休みも開催期間と被っていたこともあり、ふらっと気になるゲームの時にリアルタイムで見ていたりしました。

アーカイブ配信もあったのであとから見ることもできましたし。

そしてやっぱり一度見てみると、昔ゲーム実況をたくさん見ていた時期があり、その頃を思い出して見続けている自分がいました。
以前見ていたものは普通の実況動画だったので、色々と前提は違うのですが……

けれど、スピード特化だからこそのバグ技の使用や移動の最短を突き詰める動作、通常のプレイでは見ることの出来ないものをRTAで見ることが出来ます。
(優先しているもの=クリア目的なのか、速さ目的なのか、が違うからこそ、通常プレイでは見ることが出来ないもの、RTAでは見ることが出来ないもの両方あり、その差異があるからこその面白さが存在するなと思っています)

また、基本ムービースキップなのでRPGの場合は解説を聞かなければネタバレもあまりしないという点も上げられます。まあラスボスとかは姿見えるのでその点は……うん……ですが……

あと上記の理由からシナリオがないがしろにされている、と感じる方には面白いものではないかもしれません。
ゲームという枠の中でのひとつの遊び方、と割り切れれば大丈夫ですが。

けれどもそこから気になってプレイしてみようかなあ、と思ったものもいくつか。

本当に多様なジャンル、多様なハード、多様な世代でプレイされるゲーム達は

「世の中に、こんなにゲームがあったのか」

と知ることが出来るし、走者さんたちによっての時には熱いプレゼンややる気ないプレゼンを聞けるのでその深みにズブズブとハマりました。

「短いのもあるし、ちょっと見てみようかな」

そう思ったそこのあなた。
是非見てみてください。

GL(グッドラック)です!

RTA in Japan初心者による主観的なRiJSummer2021おすすめアーカイブ

ズブズブに浸かった影響で多少はアーカイブを見たのでとても主観的におすすめをいくつか置いておきます。


◆メタルスラッグ5 – RTA in Japan Summer 2021

スーパープレイを見たい人向け。とにかくうまい。なんかよくわかんないけど敵がどんどん倒されていくしどんどん先に進んでいく。死なない。
このゲーム難しいって聞いたことあるんですけど……?
あとRTAあるあるの走りながら解説が出来るタイプの人。すごすぎ。ついでに絵も描ける。
(兄弟で参加しておりこちらはお兄さん。兄弟で世界記録保持者)


◆SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE – RTA in Japan Summer 2021

こちらもスーパープレイ過ぎる。「えっ今なにをやったんですか?」という疑問が浮かんでいる間にまた「えっまって今また何やったの?????」とよくわからないほど華麗に進んで行ってしまう。一般人置いてきぼり。
通常はこんな風になりません。私自身はSEKIROをやったことないけどこんなスタイリッシュにクールに動けないことは過去挫折したアクションゲーが保証してくれます。ダージュオブケルベロス、お前のことだ。
※かなりアクロバティックな動きをします。画面酔いしやすい人は気を付けてください。
※血しぶきが出たり首が物理で飛んだりするのでそういったものを見るのが苦手という方も見ない方が安全です。
※上記の理由から、お子さんがいらっしゃる場所での視聴はやめましょう。このゲームは17歳以上対象の「CERO:D」にレーティングされているゲームです。


◆DanceDanceRevolution SuperNOVA – RTA in Japan Summer 2021

解説1「人間の足は2つですよね?4つ同時に踏んでませんかこれは?」
解説2「人間の足にはカカトと爪先があるのを皆様ご存知でしょうか?」


◆ときめきメモリアル – RTA in Japan Summer 2021

最速化されすぎた恋愛シミュレーションゲーム。(ラスボス)藤崎詩織を落とすまで。(約50分)
「全国6万5000人の視聴者の皆さん詩織が僕に告白するところを見ててくださいへへへ」が面白すぎた。


以下はB級映画を見ることになった場合に「時間の無駄と思う」「途中で見るのをやめる」という動作をする方にはお勧めできない怪作2作品。

向き不向きがある内容だと思うので、上記に当てはまるひとは見ない方がいいかも。私は好きなんですけどねこういうやつ……

◆デスクリムゾン – RTA in Japan Summer 2021

世界でたった1人しかRTA走者がいない有名クソゲー(全部の意味で)。
いま走者として名乗りを上げれば世界2位になれる!

「上から来るぞ!気を付けろ!」や「せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ」という台詞の元ネタ。これを見ればあなたも履修が簡単に可能!


◆野生動物運動会 – RTA in Japan Summer 2021

インフルエンザの時に見る夢みたいな画面。私はテニスが始まった瞬間にダメになりました。


他にもいっぱい魅力的な走りがあります!
こちらをご参考にどうぞ!

もっと気軽に体感できるものない?という人に

Twitterにて連載されていたこちらの漫画をどうぞ。先日無事に完走しました。
ツリーで全部読めます。51ページ。

◆異世界転生RTA

この漫画がRTAあるあるや参考元のネタをめちゃくちゃ使っていて元ネタを知っていると余計に楽しめるので、もしこの漫画で興味が出たら参考元として紹介されている以下3本の動画もどうぞ。こちらは2019年に開催されたRiJでのできごとです。

それでは完走した感想ですが……

一度は使ってみたかったので使いました。(ミーハーだから)

新しいジャンルに目覚めることが出来て視聴ジャンルの幅も広がることが出来た夏でした。

途中寝落ちなどで見逃すこともありましたが、現代はアーカイブが残っていつでも見られるのでとても良いですね。

長いものはそのまま流して掃除、洗濯もの畳みのおともなどにもいいですし、新しいゲームとの出会いも見つかります。

RiJを見てみてよかったなっていうのが今の素直な感想です。

それではまた、いずれかの記事でお会い出来れば嬉しいです。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です