YouTubeをこれから始める人に伝えたい5つの事(最終章)

さて、このシリーズ今回は5つ目です。このシリーズ最終章となります。

まだ前回までのブログをご覧頂いていない方はこちらからどうぞ!

求められる動画を作るために

さて、今までのおさらい的な意味合いにもなりますが、これからYouTubeを始める人が最短で、YouTubeで収益化を達成するためには以下のようになります。

  • 視聴者が満足するクオリティの保持
  • 再生されるための導線を作る
  • YouTubeに評価を貰ってインプレッションを獲得
  • マーケットを選ぶ時は既に需要がある所を攻める
  • ツールやリサーチでニーズを抑える
  • 自チャンネルのポジショニングを明確にする

ざっとこんな感じになります。

一昔前だと、文字スクロール動画なんていうのが流行りました。それ系の商材も出て、沢山売れたりしたんですが、今ではそのノウハウを使った動画はことごとくYouTubeによってはじかれてしまいます。

とはいえ、今よりも参入障壁は当時は低かったので、再生数を伸ばすのは今の時代よりも容易であったこともまた事実としてあります。

では、今の時代から参入するためにはどうすれば良いのか?

残念ながら後発組の我々は、ヒカキンのようなチャンネルを作るのは極めて困難なので、弱者の戦い方、弱者でも入れる隙間を見つける必要があるのです。

俗に言う、ランチェスター戦略を駆使するしか道はありません。

YouTubeにおいてのランチェスター戦略は、徹底した「差別化」です。

さて、最後になりますが、YouTubeはアドセンスで広告収入を得ることが全てではありません。YouTubeを使って、自分の商品を売ったり、ジャスティンビーバーの様に、自らの歌っている姿を撮影して、一躍世界のトップスターになったり、自分の趣味や、やっていることを世の中の人に理解してもらったりと、目的は様々です。

十人十色のYouTubeがあって、僕は良いと思います。

是非、今回の僕の一連のシリーズを読み終えて、やってみようと少しでも思った方がいらっしゃいましたら、まずは、撮影して、簡単に編集して、YouTubeに動画をアップしてみてください。

そのあなたの最初の行動が何よりも素晴らしいと僕は心から思います。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です