子供の成長に必要なことは何なのか?

こんにちは、さっさーです。

僕には2人子供がいるんですが、子供を見てて思うことは、

本当に育つのが早いなーーと。

当たり前と言えばそうなんですが、何を見て育つかによってどうなっていくかも決まってくるでしょうから、親としては責任を感じているところです。

そこで、子供の成長の中で僕が大事にしたいと考えているのが、

自信を育てる

ということ。

大人になる途中や、大人になってから、自己実現を目指そうとすると本当に辛いことに何度も直面しますよね。

そういうところで諦めるのも簡単ですが、1回きりの人生で諦めては勿体ないと誰もが思うことではありますが、僕もそう思うわけです。

なので、諦めないためには??

っていうところが大事だと思うんですよね。

諦めない気持ちを作る

辛いことに立ち向かっていったり、逃げない心を作るのは、大人になってからでは難しいと個人的には思っています。

本当の土台の部分は、今までそうやって生きてきた自分を変えるのは、相当な覚悟や出来事がないと変われないと思うので、

やりたいことや成し遂げたいことを持って、それを達成したいと思うなら、幼少期の成功体験は大事なんじゃないかなーと思っているところです。

これは僕自身の体験から感じているところが大いにあって、小中高大とスポーツで肉体的にも精神的にも追い込まれた時というのは何度もあって、その都度逃げ出したいと思うことはありましたが、

結果として逃げ出したことはこれまでなくて、やり抜いたことによってある程度の結果は付いてきたし、

何よりちゃんと立ち向かっていった自分に対して自信が付くというのが大きなところだと感じています。

親が出来ること

今思えば、僕自身も親にスポーツをやらされて、あの手この手を使って親がやらせたいものをやらされてきたように思います。

ただ、それの良かったこととして、

親の協力が得られたことですね。

親もそれなりに結果を出している競技だと、いつでも練習相手になってもらえます。

それによってブーストが掛かって、より結果を出しやすい状態だったように思います。

あの手この手を使って、親の土俵に持っていかれたのが良かったのかはわかりませんが、特にこれがやりたいというものが無かったので、今になっては良かったと思いますし、

僕自身も子供に対してそういう傾向が強くあるなと思います。

それが良いのかどうかは常々迷うところですが、悪くはないと思ってはいます。

まとめ

一番大事な部分としては本人が考えて取り組むことではないかと。

これは何事でもそうかなと思います。

やらされている状態よりも、自分が進んでやっていれば結果を出すためにどうしたらいいかを考えますし、ダメだったらどうしたらいいのかも考えて改善しようとしますよね。

それが出来た時に、自分自身本当に結果が出るようになったなと思えたので、その状態に子供も持っていってあげたいと考えています。

そのためには子供が楽しんで取り組むことなんだろうなと。

難しいところですが、やる気が削がれないよう親として頑張っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です