気分転換に最適なカフェ&テラス10選(北谷・牧港・宇地泊エリア)

北谷美浜アメリカンビレッジ

やってきました。

・・・ここは一体?

こんな時期に、ハワイ?それともグアム?それとも・・・・
 

そうです、ここがオキナワ、北谷町美浜の「アメリカンビレッジ」なのです。
(アメリカをテーマにした大型野外モール)

シーサイドエリアは、青い空と浮かぶ真っ白な雲、キレイな砂浜、見渡す限りの海と、壮大な景色が映えるベストポイント。

まるで海外にいるかのような雰囲気を楽しめる北谷のビーチサイドです。まさに南国沖縄。

どうも、ロングです。

いつの間にかもう8月が始まろうとしています。2020年の半分以上が過ぎ、あと5ヶ月で2021年を迎える・・・。時の流れは本当に早いですね、、

『早く書こう、早く書こう』と心の中では思いつつも、やること、やりたいことも沢山あるため、ブログを書くのが月末になってしまうのが悩ましい所です。

思ったことや考えたことをタイピング、もしくはアウトプットしてくれるAIやチップが早く実用化されると良いなーと思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

すでにBCIという技術があり、1960年代からすでに研究が行われていたようです。2004年には脳内のチップが脳波を読み取り、メールの開封や照明のオンオフなど、外部のコンピュータを動作させる臨床試験も成功しているとのこと。

ヘッドセット形式や、リスクの少ない頭蓋骨の外に埋め込む技術もすでにあるようですね。

ブレインテックとも呼ばれ、テスラやSpaceXのCEO・創業者であるイーロン・マスクもNeuralink(ニューラリンク)社を設立し、「脳から直接考えを読み取るデバイス」の開発を目指しています。

Facebook社も「考えただけでテキストを入力できる」などを目的にBCIプロジェクトを推進しているようです。
参照:https://josys-navi.hiblead.co.jp/bci01_%E8%84%B3%E3%81%AB%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%92%E5%9F%8B%E3%82%81%E8%BE%BC%E3%82%80%E6%97%A5
 

さて、いつもながら話がそれるので本題に戻ります。

前回に引き続き、毎度ながらリサーチや分析、執筆に時間がかかるテーマを考えていたのですが、もうちょっと時間がかかりそうなので次回以降にして、今日はライトな内容でいきたいと思います。

密じゃない!クリエイティブな仕事が捗る素敵なカフェ&テラス

考えごとや企画をする際、また重いタスクの一歩を踏み出すためのストレスの少ない場として、気分転換に最適なカフェ&テラスを紹介したいと思います。

ちなみに、平日を推奨。

さてさて。まず最初に、先ほどご紹介したように、ここは外せない!

美浜アメリカンビレッジのデポアイランドシーサイドエリアの海沿いのカフェ、「CLIMAX COFFEE(クライマックスコーヒー)」。

テラス席からの景色はこんな感じ。

テラス席も複数あり、海を眺めながらコーヒーを飲んで、クリエイティブな仕事がはかどる、はかどる。

難点は、飯(ナガログ2.7)と、夏は暑いということだ。しかし、汗ばむ中で飲む、冷たいアイスコーヒーもまたオツです。
 

そばにもおしゃれなカフェあり。

そして、その近くのディストーションSeasideエリアの二階にある「ホライズン カレーワークス(Horizon Curry Works)」。

ここは石焼で提供されるカレーがあり、いい感じのカフェで、平日は人も少ないので(爆)密になりにくく、快適なお店。

この石焼カレーをテラス席で食べ、海を眺めながらスープとアイスコーヒーを飲む。これもまた贅沢なひと時を過ごせます。

そして、何より、石焼カレーと、テラス席の組み合わせ。夏は、とても暑い!!!!汗だく必死です。
(暑すぎて全然集中できない。店内がオススメ)
 

さあ、まだ近くにオススメのポイントはあります。

それが、観覧車とジャスコの向かいにある「スターバックス美浜アメリカンビレッジ店」。

入口のそばにあるカウンター席は、電源もあり、換気もよいので◎。他のスタバと比べると、平日は密じゃないのでオススメ。(テラス席は影が少ないので暑い)

気になっているポイントは、宜野湾から北谷に行く途中にある「KEY’S CAFE 沖縄北谷店」。今後要チェックだ。

参照:https://twitter.com/cafe_key
 

さてさて、会社のある宇地泊にどんどん近づいていくとします。

一番の近場オススメポイント・・・・

それが、「ガスト牧港店」

電源あり、弱いけどWi-Fiあり、ドリンクバーあり、飯あり、店内にトイレあり(高ポイント)、席数も多くあり、広く非常に快適。(比較的よく居るかも)

店内にトイレがあるということで非常にポイントが高い。店内にトイレがないお店だと、一旦店を出てトイレまでいかないといけないため、「トイレに行く=退店」ということになりがち。さすがに戻るのは勇気がいる行為だ!!!

その点、スタバもそうですが、ガストは店内にトイレがあるため長時間快適に過ごしやすいので◎
 

次に行ってみよう。次が、国道58号線沿いの「スターバックス沖縄宜野湾店」。こちらは店内ではなく、テラス席が○。

テラス席が空いていたら&涼しい時期はオススメ。人気店なので、店内は結構、密な感じがします。

「マクドナルド牧港店」や「58号大謝名店」も食事はもちろん、プレミアムローストコーヒーやサイドメニューもあるので滞在しやすいです。

店内にあるから、トイレも行きやすいぞ!

他にもサンエー宜野湾コンベンションシティの2階にある「ジョイフル」や「珈琲待夢」も店内は落ち着いていて、ライトな企画や考えごとなど、クリエイティブな仕事には○。

難点は、店を出ないとトイレに行けないため、コーヒーやドリンクの飲み過ぎには注意が必要だ。

同様に、サンエー浦添西海岸パルコシティ内にある「タリーズコーヒー&TEA」。

ここもいい感じで、トイレという点では同様だが、店の作り的に、店外に出やすくなっているのでセンシティブな人でも比較的安心して席を立てるはずだ。(多分)

※他にもサンマクルカフェや珈琲タイム、チョコレートカフェ、上島珈琲店、和カフェ、スタバなどもあるよう
 

番外編としては、「コメダ珈琲店 沖縄宜野湾宇地泊店」。

電源もあって、店内にトイレもあって、食事もコーヒーもあっていい感じだけど、このエリアでは人気店の宿命なのか、平日でも週末でも関係なく、大体の場合、密だw

空いている時はオススメ。
 

番外編2.「ブルーシール牧港店」。

カフェではないが、テラス席があるので、暑い季節はアイスと一緒にコーヒーを注文して、換気の良い場所で仕事ができるので、なかなか良いかもしれない。デザート好きには特にオススメ。
 

以上、「気分転換に最適なカフェ&テラス10選(北谷・牧港・宇地泊エリア)」でした。
 

P.S.

「Go toトラベル」や6月の一時収束してきた時期の大丈夫だろうという空気感や自粛あけの反動ということもあり、7月は外に出たり、旅行に出かける人も一気に増えたような感じがします。

沖縄も観光客の方も増えましたし、ホテルもかなりいっぱいになっている所もあるとのこと。

県内外の人の移動に伴い、沖縄もそうですが、新型コロナウィルスの感染数も爆発的に広がり、第二波とも言われています。

検査数自体が増えているのもありますが、沖縄では7月8日、69日ぶりに、福岡、鹿児島と県外渡航歴のあった二人が新規感染、7月9日に東京在住の女性の新規感染と計3名だったのがわずか3週間で244名を超えているので、注意が必要です、、

スペイン風邪の時は、第二波は死亡率が4倍超になったようですが、新型コロナウィルスは陽性者は急増しているのに重症者・死亡者は少ないようです。

しかし、ウイルスは変異によって強毒化も弱毒化もするようですから、気を付けるに越したことはありません。

感染で脳に損傷の可能性があるだの、真実とデマ、メディアの煽りにより、情報が交錯しているので何が正しいのか分かりません。『得体が知れないので、かかりたくない』というのはきっと、みんな共通でしょうw

コロナで外にあまり出れなくなったり、外食や遊び、旅行もそうですが体験の機会や人に会う機会が減っていきますね・・・。

友達に会うこともままならなくなり、家族以外と会話する機会も減っているのではと思います。最近では同じアパートに住む人たちとエレベーターですれ違う際の会話も減った気がしますw(妙によそよそしい)

今後どんな世界になっていくのか?またビジネスにおいては、どういった業種や業態、案件が今後伸びているのか?

感染に気をつけながらも、常に情報収集し、データと情報から未来予測をしながら、想像力を働かせて既存の延長線上にある未来予測をいい意味で壊しながら、未来のために今、先手を打てるように思考を巡らせて行動していきたいところです。

なお、Google広告のボリュームを調べたレポートがあるので、それも参考になると思います。

【米国緊急レポート】Google広告から見るコロナ危機が影響した21の業種とは?
https://www.principle-c.com/column/marketing/google-ad-effected-by-coronavirus-crisis-from-21-industries/#__1850105858.1596112168

経営コンサルタントの人間に聞いたところ、自宅にこもる時間が増えたので、家でできることや家で快適に過ごせる分野は伸びているようです。

例えば、日本だけなのか、その人の周りだけなのか分かりませんが、不動産はダメだけどリフォームは伸びている。また家具なども売れているみたいですね。

助成金や補助金、融資関連で税理士や社労士はかなり忙しいようです。今後テレワーク、リモートワークの期間が伸びると就業規則も変える必要が出るため、場所によっては社労士は忙しくなるという見解でした。

一部でアマゾンキラーと言われる、ECプラットフォームを提供するカナダのIT企業「Shopify(ショッピファイ)」も赤字なのにぐんぐん株価は爆上げしているようです。Shopifyの受注・出荷業務を自動化する「シッピーノ」というサービスもありますが、これは非常に面白いかもしれない。

余談ですが、大阪の友人は「Fastly」という日本にも支社がある米国の企業に注目。株価も5月頃から爆上げ。

(ある経済レポートによると、アメリカ株、特にナスダックに関してはV字回復どころか、コロナ危機がより一層業績の底上げをしているとのこと)

5Gの普及に伴い、デジタル・トランスフォーメーション、デジタル革命が加速する、と言われていますが、あらゆるデジタルのあり方や概念が大きく変わるでしょう。

その中で最も有望なのが自動車とのことで、電気自動車・AIの自動運転で有名なテスラをはじめ、他の分野ではAI、キャッシュレスなど必須となる新技術や近未来のテクノロジー企業は伸びるのかもしれません。

また、ビル・ゲイツなども投資をしていますが、健康、医療などのバイオテック企業も伸びていくのではないでしょうか。AIで新薬を生むバイオテック企業もあるようです。

僕が気になっている産業は、第一次産業。それも新しい技術を使った「農業」です。普通にやったら農業は儲かりません。色々調べていますが、なかなか面白いです。またいつか、機会があれば共有したいと思います。

今ホテルや民泊など旅行者向けの宿泊施設は売上げが減少していますが、自宅で仕事できない人のための小さな貸し会議室やシェアオフィス、仕事ができるスペースは伸びているようですね。

ホテルもテレワーク需要を取り込もうとテレワーク、リモートワーク用に部屋貸し(平日格安プランとか)を始めるようですし、宅配やデリバリーもさらに普及して定着するかもしれません。早く沖縄にもウーバーイーツとか、それに代わるサービスが出来てほしいところです。

コロナ禍で2年かかるデジタル革命が2ヶ月で進んだと言われているように、世の中は大きく変化しています。御年80歳の人から『ZOOM』という単語が飛び出すほど、世の中は変わってきています。

デジタルに苦手意識があった人も、強制的に触れる機会になっていることでしょう。「やらないといけない」という状況が、後押ししたのだと思います。

どんな未来が来るのか不安に負けず、希望の火を胸に灯しながら、明るい未来にしていけるように先を見据えつつも、今を全力で生きていきたい。そんなことを考える今日この頃です。

追伸が本題と同じくらいのボリュームになるのも、また愛嬌。全然ライトな内容じゃなかった。

そんなこんなで、皆んなに幸あれ。グッドラック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です