AirTagを使ってみた

社内SEの きたろう です。

財布に入れるべく、自分もAirTagをひとつ買ってみました。

Airタグとは

カバンや財布など、自分の持ち物に入れて、居場所をしらせてくれるやつですね。

もちろん今までにもいろいろ出ていましたが、Appleが出すという意味はでかいですね。

3文字まで刻印可能。貧乏性なのでめいっぱい使ってしまったが、1文字にすると大きな文字になるらしい。。うーむ。

少し分厚いですが、自分でボタン電池も交換できるので手軽に使えます。

iCloudの本領発揮

昔、iPadが見つからずずっと探していた時がありました。

標準機能の『デバイスを探す』機能で探すと自宅にあるって言っているし、音を鳴らしても聞こえないしどこへ行ったんだろう。。と
あきらめていました。

で、ある日たまたま『デバイスを探す』で探してみると、最寄り駅あたりにあります。。ってなっていて、

「どういうこと?!」って思ったら、よく考えたら駅に停めていたクルマの中にあったとかw

自分のiPadは WiFiモデルなので通信できないから自宅以外では見つからない。。と思っていました。

これが個人情報を秘匿化したまま現在位置を特定できる、iCloudの威力か!と思って関心しました。

前置きが長くなっていまいましたが、

そう、

なので普通のタグだとBluetoothとかしかなくても、このAirTagだと他人のiPhoneを経由したiCloudネットワークを活かして見つけてくれるというわけです。

一時に比べてiPhoneユーザは減ったとは言え、まだまだいますからねぇ。。

専用チップ?

Airタグも Watch や iPhone と同様に、『デバイスを探す』からサーチできるのは同じですが、Bluetoothでおおまかにアタリをつけ、
UWB【Ultra-Wide-Band】と言われる電波で精確な位置を割り出す。となっています。

そしてiPhone11以降のデバイスにはこのUWBを利用した専用チップ、いわゆる『U1』チップが搭載されています。

そう、なのでiPhone11以降の端末だとより正確な位置を示してくれる。。というわけです。

自分の端末はiPhon12なので期待して早速試してみると、、

電波が弱い・・もアレですが、もっと明るいところで!とか言われても。。うーむ。

うーん、、なんかビミョウだな。。

期待してたほどではなかったw

ま、とりあえずはこれで酔っ払ってどこに財布を置いた?って探さなくて済むからよしとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です