Appleリモートデバッグ

社内SEのきたろうです。

AppleWatchを毎日充電しながら愛用していたのですが、
ある日突然使えなくなりました。。

iPhoneのアップデートで

iPhoneは端末が極端に古くてAppleから見捨てられない限り、毎年OSをアップデートさせてくれるので助かります。


なので例によって古いiPhoneSEを数年チマチマとアップデートして使っていたのですが、iOS13からiOS14にした時にいきなりAppleWatchのペアリングが勝手に解除されてしまいました。。

ペアリングしようにもエラーが発生して前へ進めない。。

Appleらしくない表示ですね。。

AppleWatchはiPhoneとペアリングして初めて使えるので、ペアリングされていないAppleWatchは時刻すら確認できない、ただのオモチャ(以下?)ですw

トラブルシューティング

突然ペアリングが解除されて使えない場合の対処。
みたいな記事が見つかるワケもなく、公式サイトでのiPhoneの設定やAppleWatchのリセットなど、いろいろ試行錯誤したけどどの方法もうまく行かず、あきらめて放置していました。

でも最近Phoneを買い替えて本体がデカくなり、ポケットに入れたままiPhoneを操作できるAppleWatchが余計欲しくなったので、
もう一度トライしてみることにしました。

ま、新しいAppleWatch Series6が買えればいいのですがw

また設定をリセットしたり色々やって結局ダメだったのでサポートに連絡してみました。

アップルサポート

サポートに電話してみると、iPhoneの操作を指示通り行う必要があるのでサポートと画面共有することになりました。


サポート側の情報をもとに操作してみると、操作中のiPhoneの画面が共有され、サポートの操作するマウスポインタのようなものがiPhoneに表示され、リモートデバッグ状態になりました。

さすがアップル、リモートデバッグ操作も洗練されてますね。

そういえばパソコンのSafariでは特に不具合ないのに、iPhoneのSafariの時のみ不具合が発生するようなケースが開発作業中にまれにあり、
その時もMacとiPhoneをケーブルで接続してリモートデバッグできて感心したのを思い出した感じです。

サポートの指示通り操作を確認し(ま、想定内の操作内したが)、一通りやっても解決に至らず。。

何回もやりとりして解決しないので『スペシャリスト』とかいう人に変わりサポート続行。。

結局、エラー発生状況を録画し、エラーのログをiPhone内で取得して『エンジニア』に送って解析してもらうことになりました。

エンジニア解析

解析に1週間ほどかかるというので待っていると、結局本体をAppleへ送ってほしい。。とのことでした。

iPhoneのエラーログを送っているので、エラー原因が不明ということはないはずなので、原因は非公開ということでしょうか。

本体送るのならデバッグ作業無駄やん。。とか思いながら本体を送って、またしばらく待つことになるのでした。。

1週間ほど待って途中経過のメールが来ると。。

ご依頼を処理できず、そのまま返送だと?!

おいおい、対応できないなら他のエンジニアに変われよっ!

とか思いながら、機械自体に問題なくソフトウェアの問題?なのでそういうテンプレの文言になってしまうと、勝手にポジティブ解釈w

工場でWatchOSを入れ替えて使えるようになっているという前提で、待つことにしました。

到着

なんか、かっちょいい箱に入って返ってきましたw

AppleWatch買ったときはもっと長細い箱だったので、本体のみ用の化粧箱も別にあるんですね。。
こんなとこでもさすがアップルw

本体を起動してみると、あっさりペアリング完了!

やっぱり本体自体の故障じゃないから不自然な文言だっただけでした。

時間かかったけどリモートデバッグの勉強にもなって、使えるようになったしよかったです。

到着がクリスマスだったのでちょうど自分へのプレゼントになりました!

アップルありがとです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です