新型コロナウイルス被害拡大の今、やるべき事とは?

「マーケティングは創造と科学」をモットーに、
結果にフォーカスしたマーケティングを研究している川村です。

安倍晋三内閣総理大臣による「緊急事態宣言」の発出、世界各国でのロックダウンなど、世界中で大混乱を引き起こしている新型コロナウィルス。

ここ沖縄県でも「来県自粛要請」が出される事態になりました。

未曾有の大混乱の今、僕達は何をすべきなのか?
どういう姿勢で臨むべきなのか?

これに100%正しい正解はないのだけど、それでも僕の個人的見解として思う事を発信しようと思います。

この手の話題は(政治や道徳が絡み合う話題)賛否両論があり、一概に言えない事も多々あることを重々承知した上での話なので、それを踏まえてお付き合い頂ければと思います。

非難する事に時間と心を使うな!

何よりまず最初に心がけたいのはコレ。

SNSが普及した現在、個人の発信が全国に届くようになりましたが・・・どうしてもこういう事態になると「批判的な発信」が目立ってしまいます。

世界的に大混乱の中、誰一人として「正しい答え」を持ち合わせていないわけで、そんな中で政治的な批判や個人の攻撃などをしている場合ではありません。

戦うべき「敵」は新型コロナウィルスです。
同じ人間、同じ日本人でぎゃーぎゃーやってる場合じゃない。

負の感情はドンドン悪い方向に心を支配しますから、健全な判断も出来なくなってしまうので、まずは非難する事に時間と心を使わず、もっと健全な事に時間と心を使う事を考えなければいけません。

布マスクの給付が不要だ!と叫ぶのなら、自分の分を近所で必要としている誰かに渡してあげれば良いのです。

補償が必要な業界があるなら、クラウドファンディングなどで給付を募れば良いのです。

他の誰か(主に政府)に任せるなら批判だけしてても解決しないし、荒げている声が心の底から湧き上がるものならば、自ら行動して改善に努めれば良い。

じっと動かず余計な事をせず、声を荒げて誰かの邪魔をすることもせず、被害拡大を防ぐことに貢献するのも1つの選択です。

何よりまずは冷静にならないと、パニックが加速するだけ。いったん落ち着きましょうね。

コロナ関連の情報に踊らされず、事実だけを見るくせを

これだけ混乱している大きな原因の1つに「何が正しいのか分からない」という点が挙げられるかと思います。

「新型コロナウィルスのどういった点が危険なのか?」

これを正しく説明できる人も、実際のところはほとんどいないのが現状ですよね?特に一般人である僕達は。

毎年日本だけで1万人もの死者を出すインフルエンザと比較してどうなのか?
そもそも「肺炎」で死亡している人は毎年10万人にものぼるけど、コロナが加算されたら本当に医療現場は崩壊するのか?
治療薬やワクチンの開発状況はどうなっているのか?

さまざまな論点で議論が絶えませんし、日夜コロナコロナコロナとコロナ関連ニュースが飛び交っているせいで、世の中では頭の中がコロナでいっぱいです。

どうせあれこれ見聞きしたところで「素人が判断できるような問題じゃない」というのが実際のところですから、僕達に出来る事は「決して軽視せず、過剰にとらえ過ぎず、事実だけを見る」という選択をすべきだと考えています。

コロナショックをチャンスととらえる

極端な表現になってしまいますが、起きてしまっている事実を受け入れた上で「プラスに転換」するには、この状況をチャンスととらえる思考に切り替えるほかありません。

極端な例を言うのなら、外出が制限されてやる事もないのであれば「少子化対策だと思って子作りに励む」という視点を持つのも良いと思うのです。

ふざけているわけではなく、真面目な話として言えるのは、

1.フラストレーションの恐怖
2.前向きな手を打った者が勝つ

この2つの論点があるので、チャンスと捉えることは非常に重要だと考えます。

悲観的な思考は「ストレス過多に陥りやすい」です。

海外では外出制限でのストレスが「DV(ドメスティックバイオレンス)」に向かっているという悲しい事実もあります。

ですが「子作りチャンス!」とプラスに捉えていればストレスは軽減されますので、余計なトラブルを避ける為にプラス思考と言うのは重要なんですね。

後は・・・ジョギングやゴルフなど「3つの密に該当しないストレス解消」を導入するとか、フラストレーションをためない努力はしておくべきです。

具体的に”何を”するべきなのか?

ひとまずありきたりなところから言うならば、何をおいても「時間の使い方」でしょう。間違いなく。

暇な時間を持て余した結果、ゲームや動画配信サービス、テレビ、SNSなどに向かう気持ちはよく理解出来ますし、エンターテインメントが「息抜き」になるので悪い事だとも思いません。

ですが、どうせならその時間の一部を将来の為に投資するのも良いと思います。

勉強したり何かのスキルを手に入れたり仕込みを行うとか・・・

今回の件で「在宅で所得を得る方法」の重要性は重々理解されたと思うので、投資の勉強をしてみるとかネットで出来る副業をはじめてみるとか、出来る事は多々あります。

こういうありきたりな事は皆さん理解されていると思いますが、僕もマーケターのはしくれなので、もうちょい「マーケティング的な思考」で何をすべきかを考えたいと思います。

マーケティング的な観点から”今”を見るなら?

今回のような「特定の理由による行動の変化」というのは、マーケティング的に言うなら「行動予測が立てやすい」という側面があります。

と言うより、行動予測を立てやすいというのは「メチャクチャ有利」ですよね?

ゲームが伸びる、仕事が減る、動画を観る、生活必需品が売れる、WEBに流れる、テレワークが増える、ダイエット需要などなど。

いくらでも行動予測を立てる事ができます。

ですが、ぶっちゃけ今から「いま伸びてる事」に手を出しても遅いです。当たり前ですが。

まぁ「暇してる人をうまく取り込める事」があれば別ですが、ここは少し頭を使わないといけないし、同じことを考えてる人も多いのでハードルは高いかも知れません。

ではどうするか?

今から仕込んで間に合う事となると、

1.収束後需要
2.文化の変化

この2つでしょうね。狙うのなら。

「行動予測が立てやすい」と言いましたが、それは別に「いま」に限らない話でして、「いま」不要不急の外出を控えているのであれば必ずそれが「解除される時」が来ます。

コロナショックが収束した時に抑圧されたフラストレーションはどこに向かうでしょうか?
今回の件で「学習した事」は、どういう方向に向かうでしょうか?

これが分かれば仕掛ける事も十分可能です。

加えて「文化の変化」ですね。

今回の件で植え付けられた恐怖は簡単には拭えないでしょうし、致し方なく生活スタイルを変えたけれど、それが案外「ハマっていた」というのもあるかも知れません。

テレワークなんかは良い事例で、今まで急ぎで導入する必要性がなかったから先送りされていたけれど、今回致し方なく導入してみたら「あれ?結構いいぞ?」となった経営者も多いでしょう。

そうなればこのままテレワークが定着する可能性も十分あります。

WEB飲み会とかも流行っていますが、結果的に「あり」だとなれば居酒屋の需要は減るかも知れません。

「集団」を避けたいがゆえにキャバクラのユーザーがパパ活に走っていると聞きますが、コロナ収束後も高いお金を払ってどうなるか分からないキャバクラよりも、確実性の高いパパ活の方が良いという気持ちになるかも知れません。

結局のところ「免疫力」が超重要だとなったわけですから、それがそのまま健康意識に向かう可能性はかなり高いと考えられます。健康食品、器具、禁煙ブームの加速など、様々な可能性が考えられます。

こういった「少し先の未来」に対して、今から仕込む・・・いまのタイミングを「悲惨な時期」とするのではなく「未来への種まき」に当てることが出来ます。

自分で仕込むのが難しいのであれば、予想した業界の会社に対して「株式投資」という形で仕込むことも可能ですから、誰にだってチャンスはあります。

改めてになりますが、多くの人が悲観的になっている「いま」というタイミングを「どうとらえてどう使うか?」によって、今後の未来は大きく変わります。

変化を嘆くのは簡単です。

ですが、変化は嘆くものではなく受け入れるものです。

この「チャンス」をしっかり活かしていきたいですね!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です