おうちで簡単クレームダンジュ|しかも嬉しいカロリーオフな作り方

クレームダンジュをお家で簡単に作りましょう♪

 

クレームダンジュはフランスのアンジュ地方で生まれたケーキです。

また、「アンジュ」にはフランス語で「天使(エンジェル)」という意味もあり、「天使のようなクリーム」と名付けられました。

「クレーム・ド・アンジュ」

ですね。

「ド・アンジュ」がリエゾンして、「ダンジュ」と読まれます。

※「天使のようなクリーム」って・・
天使ってたべるんかい?どんな味なん?というツッコミは無しで。笑

 

通常は、フロマージュブランと呼ばれるフレッシュチーズを使って作りますが、そんな小洒落たものは成城石井でも、置いていなかったりします。

そ・こ・で

どこでも手に入る「あるもの」を代用して、簡単にお家で作る方法をお伝えします。

その「あるもの」とは?

 

 

 

はい!

ヨーグルトです。

ヘルシーだし、手間いらずで簡単に作れるので、ぜひためしてみてください。

作り方

1)ヨーグルトをボールにあけ、ハチミツを混ぜる。

ハチミツの量はお好みの甘さで。

食べる時にソースをトッピングするので、甘さ控えめが良いかもです。

2)水分を抜く

これも、簡単。家にあるコーヒーフィルターをセットして、1)のヨーグルトを流し込みます。

下に、カップなどを置いて、ぽたぽた水分が落ち切るのを待つだけ。

匂い移りしないように、全体にラップをかけて一晩冷蔵庫に寝かせておけばよいです。

3)あとは盛り付けるだけ

一晩寝かせると、下の写真のように、カップに水分が貯まり、ヨーグルトが濃厚がクリームチーズに変身しています。

砂糖ではなくハチミツを和えておくのが、さっぱりしたチーズなのにまるでクリームチーズのようにコクが出るポイントです。

ペーパーフィルターを破かないように、丁寧にはがしてまとめます。

※コーヒー用のペーパーフィルターが一番良いです。

ペータータオルで作ると、なぜか雑味が出てしまい美味しくないという悲惨な結果に。(失敗経験ありです。笑)

4)お皿に盛り付けて、お好みのソースをかけたら完成!

お皿に盛ります。

今回は、そのままお皿に「デン!」と盛ってみました。

ココットにガーゼを敷いて、入れれば見た目は市販のクレームダンジュの見栄えになりますね。

 

あとは、お好みのソースをかけるだけです。

市販のヨーグルトソースやジャムなどでも相性抜群です。特に、ベリー系のソースと相性が良いですよ。

私は、苦めに焦がした自家製カラメルソースをかけました。

お好みで、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、ミントなどを飾るとおもてなしケーキに変身しますよ。

 

まとめ

市販の400gのヨーグルト1本で3~4人分作れます。

生クリームを混ぜるレシピもあるのですが、ダイエット優先(どの口が言うか~?)でヨーグルトにハチミツのみで作ってみました。

レンジもオーブンも不要。

コーヒーフィルターにセットして、一晩冷蔵庫で寝かせるだけなので、

夜仕込んで、朝食べられます^^

 

もちろん、トッピング具材に凝れば、お持てなしにも使えます。

 

美味しいので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です