「ドライブ・マイ・カー」を観た

ちょうど、28日にアカデミー賞国際長編映画賞を受賞となりましたが、先週末の日曜日におうちで映画「ドライブ・マイ・カー」を観てみました🎥

公式サイトより

舞台俳優であり演出家の家福かふくは、愛する妻の音おとと満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう――。2年後、広島での演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。さらに、かつて音から紹介された俳優・高槻の姿をオーディションで見つけるが…。
喪失感と“打ち明けられることのなかった秘密”に苛まれてきた家福。みさきと過ごし、お互いの過去を明かすなかで、家福はそれまで目を背けてきたあることに気づかされていく。
人を愛する痛みと尊さ、信じることの難しさと強さ、生きることの苦しさと美しさ。最愛の妻を失った男が葛藤の果てに辿りつく先とは――。登場人物が再生へと向かう姿が観る者の魂を震わせる圧巻のラスト20分。誰しもの人生に寄り添う、新たなる傑作が誕生した。(出典:公式サイト)

最近、歳のせいか映画一本を一気に観る集中力が続かなくなっていたのですが、「ドライブ・マイ・カー」は2時間 59分と長編映画でしたが飽きずに最後まで観ることが出来ました汗

ネタバレにはなりますが、Introductionの通りラスト20分は圧巻で良かったです。

先日、ハイロの先輩からホームシアターセットを譲っていただき家の視聴環境が超絶にアップデートされたのでmm
今年は映画を観る機会を増やしたいと思いますが、次回は爆音でスカッとする映画を見ようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。