「あのファイルどこいった?」を撲滅。ファイル整理が下手な人は「Everything」を使ってみようって話

こんにちは、イケミヤギです。

PC内のファイル整理 出来てますか?

僕と同じようにズボラな性格をされている方は、業務で日々、多くのファイルをやりとりする中では、管理や保存場所が乱雑になってしまって

「あれ、あのファイルどこにいったんだ?」とか

「確かにダウンロードしたはずなのに見つからない・・・」とか

そういうことって日常的に起きたりしてないでしょうか?

そんな日常を繰り返している「ズボラさん」向けのPC内検索ツールをオススメとなります。

高速ファイル検索ツール「Everything」

今回紹介するのが「Everything」というツールです。

Everything
https://sites.google.com/site/everythingjphelp/installing_everything

このツールは起動時に、接続されている全てのドライブのファイルを読み込み、ファイルインデックス(目次)を作成します。

なので、自分自身がどこに置いたか分からないファイルがあったとしても、Everythingは全てのファイルを読み込んでいるので、

検索欄に「ファイル名」を打ち込めば、一気に表示することが出来ます。

例えば・・・

僕のPCで「メモ」と検索してみると、下記のように議事録と書かれたファイルが、バーっと表示されます。

メモって名前のファイルありすぎ問題

あとは表示されたファイルをダブルクリックで開くか、
右クリックから保存されたフォルダーを開くことが出来ます。

これで目的のファイルに素早くたどり着くことが出来ます。

もちろん「or検索」「and検索」や指定検索なども可能

またEverythingが秀でているのは通常の検索だけではなく、「or検索」や「and検索」そしてその他の指定検索も可能だという点です。

それぞれ下記のコマンドを検索窓で指定することで、様々な条件付をした検索を行うことが出来ます。

機能コマンド
AかつB(and検索)A B
AまたはB(or検索)A|B
Aを除く(除外検索)!A
Cドライブにある「.docx」ファイルc: *.docx
ファイルのみを検索file:
フォルダーのみを検索folder:
100MBより大きいファイルを検索size:>100mb
今日変更したファイルを検索rc:today
先週作成したファイルを検索dc:lastweek

このように様々な検索方法が可能になっている。

もし「メモを検索したいんだけど、フォルダーは検索せずに、なおかつ「●●」と書かれたメモは除外したい」という場合には

file: メモ !●●

と入力すると目的のファイルをより早く探せるようになる。

また、メニューの「検索」から「アドバンス検索ウィンドを開く」で、さらに詳細に検索ができる「アドバンス検索」を行うことが出来ます。

もしコマンド検索が苦手な人は、この機能を使っても良い。

特に検索範囲の指定や、ファイル中の文字を確認できる点が優秀ですよね。

これらの機能をうまく利用することで「あのファイルはどこ?」なんてことは、もはや無くなります。

もちろん・・・

ズボラな人だけじゃなくて、月日が経って保存場所がわからなくなったファイル、や、更新日ごとに最新のファイルを検索する場合にも使えます。

もしくは特定の拡張子のみ検索し、ファイル整理を行うことも出来ます。

利用シーンはかなり多いツールになりますので、ぜひ使ってみてください。

最近ではタスクバーに設置できる機能もベータ版で公開されているので、どんどん便利になる「Everything」には、僕のズボラを常にカバーしていってもらいたいと思います。

そういえばこのブログに使う画像どこに置いたかな・・・。

イケミヤギ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です