お鍋といえば、、

寒くなってくるとお鍋喰いたくなりやすね!
種類がある!美味い!準備が楽!(まだ葉野菜の値段は高めじゃねぇかな。 )
なんで頻繁にお鍋をする家庭も増えてくるのじゃねぇだろっか。

お鍋といえば、カセットコンロだぜ。
カセットコンロといえば、そうですガス缶です!

みなさんもこの時期になるとガス缶購入の機会があると思うのでガス缶について簡単にお話ししやす!

ガス缶

ガス缶には「CB缶」と「OD缶」つう種類があることはご存知だったか?

・CB缶(Cassette Gas Bombe)
スーパーでよく目にする3本セットで売られてるやつだぜ。

・OD缶(OutDoor)
ホームセンターやアウトドアショップで目にするCB缶をぎゅっと縦に潰したような形のやつだぜ。

普通のカセットコンロはCB缶しか対応してねぇのでスーパーにはCB缶しかおいてねぇんだけど、おめぇ、アウトドアで使用するカセットコンロ類はOD缶にも対応してやがるものもあるのでホームセンターやアウトドアショップには両方おいてあるのだぜ。

「CB缶」と「OD缶」の違い

・CB缶
火力が弱いんだけど、おめぇ、価格が1本100円~でスーパーでも売られてやがるので購入しやすいですし、家庭ではカートリッジ式のガスコンロで利用されることが多い、対応してやがるガス器具やなんかのアイテムが多いぜ。

・OD缶
缶自体が丈夫で、また火力が強いので冬場の屋外でも安定して利用できやすが、価格が1本500円~で売られていて、また購入場所も限られるので購入しにくいですし、対応してやがるガス器具やなんかのアイテムがアウトドアで利用されるものに限られてくるぜ。

ガスの種類

入ってやがるガスはブタン・イソブタン・プロパンつう3種類が液体で入っていて気化温度が異なりやす。
大体やけども、おめぇ、

・CB缶に入ってやがるガスはブタン多め。
・OD缶に入ってやがるガスはイソブタンとプロパン多め。

ブタン・イソブタン・プロパンの順に沸点が低いので気化しやすいのだぜ。

ノーマルとパワー

またCB缶とOD缶両方ともにノーマルガス缶とパワーガス缶の2種類がありそれぞれガスの混合比が違ってきやす 。

・ノーマルガス缶はブタンが多めに入っていてご家庭で使うには十分のやつ。
・パワーガス缶はイソブタンやプロパンが多めに入っていて気化温度が低いので、寒冷地でも安定して使えるぜ。

でもガス缶とガス器具側との兼ね合いもあるので上手く燃焼させてくれる器具じゃねぇと意味がねぇことも。

※基本的にガス器具側で推奨されるガス缶があるぜ。それ以外のガス缶を利用する場合は自己責任になりやす。

まとめ

ま~ガス缶も用途、環境によって使い分けるつうことだぁね 。
沖縄の場合はそこまで寒くはならねぇので、どのガス缶でも問題はなし。

ガス缶を捨てる際は、ガス抜きをして、穴をあけて(自治体による)使い切って捨てやしょうね!

ちなみに、、

使用中や使用後にカセットボンベの缶が冷たくなりやがったり、缶表面に水滴がついたりするのは、液体が気体になるときに周囲から熱を吸収する「気化熱」が原因だぜ。
その熱は液体が接してやがる缶からうばって気化するので缶が冷たくなりやす。
家の玄関先にまく打ち水と同じだぁね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です