辛いものはお好きですか?

ハイロックス代表の「ひだりした」です。

ハイロのひだりしたさんといえば辛いもの好きで有名です。
ぶっちゃけ、そんじょそこらの自称辛いもの好きになんてミリも負ける気がしません。

「激辛王」を謳う人って案外多くいるもんですが、
実は大したことないパターンがほとんどです。

ちなみにですが、一言、「辛いもの」「辛さ」と言ってもその種類は色とりどり。

唐辛子系の辛さもあれば、わさびやからしもある。
パクチーや山椒のように舌にくるものもある。

このように辛さには種類があるので、当然、好きな辛さ嫌いな辛さが人それぞれあります。
また好き嫌いとは別に得意な辛さもあるし不得意な辛さもあります。

故に、どの辛さをもって強い弱いを決めたらいいかは非常に難しいではありますが、社内でも「辛さに強い」を豪語する人間が僕の他にも複数名います。

ある人がいいました。

激辛王を決定しよう

ということで、
激辛王選手権が開かれました!!

最初の舞台はココイチ(CoCo壱番屋)です。

尚、本激戦の詳細なルールなどの説明は、しょうさんの記事でご覧ください。笑

まぁとても簡単にルールだけお話しておくと、制限時間15分以内に10辛を完食すればOK。(あとは細かいのちょこちょこ)

って感じです。

個人的に不満だったのは、今回ルールに一部トッピング制限がかかったこと。


個人的にはココイチではトッピングを楽しみたい派だし、トッピングがあろうがなかろうが辛いものは辛いなので関係ないと思っていたのですが、「まろやかになる」「辛さをやわらげる」などの理由で、チーズトッピングはNGになりました。

うーん。残念。

余談ですが、、、

エビ煮込みカレー +チーズ+ほうれん草
チキン煮込みカレー+チーズ+ほうれん草

ココイチのおすすめは上記です。

ココイチに行く際は是非、お試しください!!

前日からゴングは鳴っている?!

実は選手権の前日、グループLINEが作られ、そこでルール説明や明日に対する意気込みなどを話していたのですが、ジャブの応酬が繰り広げられました。

この男が、決戦前夜にプレッシャーをかけてきた。
(完食しているがなんか皿が汚いw)

もう戦いの火蓋は切って落とされているのだ。

いざ勝負!!!

ココイチの5辛以上を食べたことがある人はわかると思うが、5辛以上はぶっちゃけもうよくわからないw
ただただ「辛い」だけの食べ物になってくるので、辛さへの耐性が重要なポイントとなる。

実際こんな感じ。

尋常じゃないスパイスが放り込まれているので、ドッロドロw

マジで辛い。もはやカレーと呼んでいいのだろうか?という代物になっているのだが、それでもココイチのルーの旨味を感じられるところが、僕がココイチが好きな理由でもある。

「旨辛い」

これが僕が好きな辛さの種類なのです。

ぶっちゃけ完食できる人は僕以外いないだろう

そう思っていました。

しかし、、、、なんと参加者全員完食するという偉業を成し遂げたのです!!!

敵ながら天晴!

そして、昨日の敵は今日の友という言葉があるように、
皆で食後の辛くて口や舌が麻痺する辛さを共感しました。

こうして社内の結束が強まったことは言うまでもありません。

次回乞うご期待

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です