【追悼】TAIJI(沢田泰司) 波乱万丈で壮絶なロック生涯

本日 7月17日は
TAIJI(沢田泰司)さんの祥月命日。

45歳という若さで逝去されてから
もう9年も経つんですね。

もしも、TAIJI(沢田泰司)さんを
ご存じなければ

日本のロックシーンにおいて
どれだけ凄いミュージシャンだったのか
是非、知って頂きたいと思います。


TAIJI(沢田泰司)さん
超絶イケメンで、
天才的なテクニックのベーシスト🎸


X(現X-JAPAN)
インディーズ時代(1985年)から
デビュー後の黄金期を支えたメンバーです。

1992年に
X(現X-JAPAN)から脱退後は

☑LOUDNESS(ラウドネス)

☑D.T.R

☑Cloud Nine(クラウドナイン)

☑音風(おとかぜ)

☑TAIJI with HEAVEN’S

色々なバンドを渡り歩いて
活動していましたが

常にロックベーシストの
絶対的なアイコン

誰の目から見ても稀有な才能と
異常なほどのカッコ良さで溢れていました。




華麗で超絶テクニカル
孤高の天才的プレイヤー

☑神がかったテクニック

☑ぶっちぎりのカッコよさ


もはや言葉で伝えるのが難しいので、
こちらを視聴ください♫




私が初めて「X 」の
ライブに行ったのは小学5年生。

目の前でこんな演奏されたら
心が取り憑かれます(笑)

圧倒的で刺激的なステージを観て
イチコロで虜になりました。

セカンドアルバム
「BLUE BLOOD」

☑紅
☑X
☑ENDLESS RAIN
☑WEEK END
☑オルガズム

などなど。

今聴いてもサウンドクオリティが高く
30年以上前の作品とは思えません♫

もちろん、アルバムタイトルにもなっている
「BLUE BLOOD」も名曲です!

ライブではエネルギーが溢れ出ていて、
キレッキレで最高です♫

1989年の「Blue Bloodツアー」には
何度もライブを観に行った
懐かしい記憶が蘇ります(笑)



オルガズムの
ベースフレーズ「だけ」聞くならこちら♫



X-JAPAN最速曲
「STAB ME IN THE BACK」

BPM(テンポ)200という狂った速さを
冒頭からラストまで、
職人技の速弾き「刻み」がエグいです♫


さらにライブステージでは
動き回り(ときには走りながら)
正確に弾いていたのは圧巻です。

この曲はサードアルバム
JEALOUSYに収録されていますが

実は、インディーズ時代からの
お馴染みナンバーで
これぞ「X」という
悶絶級の攻撃的サウンドです。

ステージの圧倒的な存在感は
今観ても「20代前半」の青年とは思えない
王者の貫禄すらあります♫




Stab Me In The Backの
ベースフレーズ「だけ」聞くならこちら♫




不屈の名曲
Voiceless Screaming

アルバム「JEALOUSY」収録の名曲
Voiceless Screaming

哀愁漂う美しく繊細なメロディは
何度聴いても、
胸を打たれる思いになります。

TAIJIさんは、元々ギタリストなので
ギターテクも凄いのですが

メンバー(ギタリスト)の
HIDEやPATAに

TAIJIほど上手く弾けない

難しすぎて、TAIJIのギターは弾けない

このようにギタリスト2人に
言わしめたことは
ファン周知の有名なエピソードです。


しかし、このエピソードの真相は

演奏できるけれど
TAIJIのようには表現しきれない!


私は、これが正解だと思います。

ガットギターのフィンガリング🎸
ハイフレットのアルペジオ🎸
アポヤンド奏法での2フィンガーピッキング🎸


確かに技術的に難しい曲ですが、
技巧バンドのギタリスト2人が
お手上げというレベルではありません。

きっと「楽譜上」の再現
十分できるでしょう。

しかし、それでは曲に込められた
「想いや真理」のような
細部までは演奏したとは言えない・・・



レコーディングでもライブでも
TAIJIさんがギターを演奏していたのは、

作曲者であるTAIJIさんが
“表現者”として相応しい
考えられたからだと思います。

つまり“曲の真理を表現する”ところまで
考えたときに、

TAIJIほど上手くできない・・・と
言っているのだと私は解釈しています。

作曲当時はTOSHIの声が出ず、
喉の手術をするか
悩んでいた時期だったそうで

どんなに叫びたくても
声が出せない
TOSHIの葛藤や苦しみを表現しています。

Voiceless Screaming
(無言の叫び)

そのときのTOSHIの気持ちを汲んで
TAIJIさんが作曲したという
2人の深い絆も伺えます。

TAIJIさんの作曲センスの高さと
アコースティックギターの
レベルの高さを感じさせる

バラードコレクションにも入っていない
隠れきれない「超極上のバラード」です。




こちらはピアノバージョン。

メンバー同士の確執や約30年の時を超えて
YOSHIKIの繊細なピアノで
この名曲を聴けるなんて涙腺崩壊します。




お前が無駄に過ごした今日。

それは昨日死んだ誰かが
必死に生きようとした
「明日」なんだ。

このTAIJIさんの口癖は
他の誰でもない自分自身に対して
言い聞かせていた言葉に思えます。


貴重な1日を必死に
大切に生きてきたからこそ

晩年期は

☑脳梗塞(のうこうそく)
☑癲癇(てんかん)
☑膠原病(こうげんびょう)
☑肝硬変
☑境界性パーソナリティ障害
☑アスペルゲンガー障害
☑左大腿骨壊死
☑左足靭帯断裂の後遺症

これだけの病気や事故の後遺症と戦いながら、
必死に生きてきました。

一時期はホームレスにまで身を落とし
先輩や仲間、元メンバー(hide)に先立たれ

数々の病気や事故の後遺症など
不遇を経験したTAIJIさんが、
これまでもっとも辛かったと語るのは

「Xを辞めるとき」だったそうです。

初めてTAIJIさんとお会いしたときは
興奮よりも、感動よりも、
とにかく極度の緊張で震えました。

嬉しいなんて感情はぶっ飛んでしまい
ミーハーな気持ちなんて
欠片もありませんでした(苦笑)

無知で未熟だった私を
優しく可愛がってくれたこと。

何度も真剣に音楽を語り合えたことは
生涯忘れられません。

私がTAIJIさんと一緒に過ごした時間は
とても短く限られた期間でしたが、

今では、その「すべて」
誰にも触れることの出来ない
私の大事な宝物です。

May He R.I.P.