サンタさんのプレゼント予算は?

どうもたまひでです。

気づけば11月も終わりに近づき、クリスマスまであと1ヵ月を切りましたね。

すでにプレゼントを確保した方もいれば、これから慌ただしくなる方もいることでしょう。ちなみに、僕は現在独身ですが、彼女の子らにプレゼントを渡すようになりました。

プレゼントの予算は1人1万円

上に男の子1人、下に女の子1人。2人合わせて2万円ほどの予算で考えていました。誕生日もありますからね。贅沢させすぎてもね。(ほんとは財布事情)

ということで、

「クリスマス、サンタさんに何をお願いするの?」

と2人に聞いてみたところ、、、

女の子「何がいいかな?鬼滅の洋服?」

その前は、「特に欲しいのはないかな~?」なんて言ってました。
なんと無欲。かわいらしい。

「わかった!じゃあサンタさんに手紙書いておいてね!」

と伝え、鬼滅の洋服らを1万円分ほど注文しておきました。


つづいて、男の子

 

男の子「ニンテンドースイッチライト!ポケモンシールドのセットで!」

なんと強欲。本体だけでは物足りずソフトまで要求。

彼女に「それ、いくら?」と聞くと、「セットで約3万円くらい…」との返事が・・・。

 

・・・。

 

「それはじーじに頼んでみたら!?」と、おじいちゃんに要求をスライドしようとすると、「じーじよりサンタさんがいい!」と言われる始末。

完全に逃げ道を絶たれました。

 

サンタを信じてるからやりづらい

本人と直談判できるのならまだしも、その子はサンタを信じている。今年で3年生ですが、その純粋な気持ちを無下にはできない・・・と思いつつも、

「今年でサンタの設定やめない?」
「いずれサンタいないって分かるんだから、いまで言っとかない?」
「サンタは今年くるか分からないってことにしない?」
「おれ1年生の時から信じてないから、そろそろ良くない?」

※最低な大人です

そう彼女を説得しましたが、やはり彼女は信じてるうちは秘密にしておきたいらしく、説得は失敗に終わりました。

 

ソフトは誕生日の前借りで決着

「サンタはソフトまではプレゼントできない」

という説得に、

「僕、ソフトは誕生日(6月)まで待つよ!」

という男の子。そんな純粋な心に、ソフトもプレゼントしてやりたい・・・ということで彼女と相談し、誕生日を前借りしてソフトとセットで!

という、めんどうな設定で決着がつきました。

 

結論:甘やかしてはいけない

要求すればなんでも手に入るという思考を養ってはいけない(言い訳)
欲しい物は、自分でとりにいくものだ(言い訳)
甘やかしてはいけないんです(言い訳)

ということで、ひとまず要求通りのゲーム機&ソフトをプレゼント出来そうなので、とりあえずプレゼントを渡すのが楽しみです。

 

やっぱり、予算無制限の子もいるのかな?

あなたは、お子さんのプレゼントの予算はどうやって決めてますか?

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です