やっぱいいわ浦添市。

こんにちはイケダです。

昨夜自宅に帰ると、ポストにこんなものが入っていました。

思ってたより早い・・・

この時期に同じように同年代の世帯に、このような封書が届いている市町村は
おそらく沖縄県内にはないのではないだろうか。

僕が住んでいるのは沖縄県浦添市。

浦添市は母子家庭や子供のいる家庭への制度が他の市町村に比べ、
優遇されているというのを聞いたことがあったので今回色々と調べてみました。

沖縄県浦添市ってどんなとこ?

浦添市は沖縄の中でも那覇市・沖縄市・うるま市に次ぐ第4の規模をもつ都市。
人口は11万4000人です。

浦添市HP:
https://www.city.urasoe.lg.jp/home

めちゃくちゃ力を入れてリニューアルされたサイトですが、
めちゃくちゃ不評・・・笑

それはいいとして、

住みたい街ランキングでも上位に食い込む、
ちょうどいい街「浦添市」です。

ちなみにですが浦添市は”女性の割合”が圧倒的に多い街です。
独身男性はぜひ浦添市へ!w

引用元:移住マップ

それではここからは、ちゃんとしたメリットをお伝えしていきますね!

浦添市のメリット

冒頭でも少しお話ししましたが、浦添市の優遇って結構知ってる人も多いと思いますが
「子どものまち てだこ宣言」というのを掲げていて、

例えば・・・

子どものスポーツ活動の遠征費等が市から支給されたり、学童保育料の補助があったり、
公立幼稚園は入園料保育料ともに免除制度もありますし、乳幼児・子どもの医療費も
所得制限なしで自己負担ゼロで通院できます。

医療機関が豊富!

住んでみて思うことが、浦添市は総合病院や診療所の数が多いです。
総合病院だけでも8箇所もあります。

子供がいる家庭はこれは安心ですよね。

商業施設も多い!

今の時期行くことは少ないかもしれませんが、浦添市は圧倒的に商業施設が多いです。

どこ行っても売ってるものはあまり変わりませんが、バークレー・浦添ショッピングセンター・パルコシティ・ピーズスクエア・マチナトシティ・経塚シティ

つまりはサンエーいっぱいあります笑

那覇も北谷もちょうどいい距離!

ちょっと走れば沖縄なんてどこでも近いんですが、いざ住んで慣れてしまうと遠く感じてきます。

浦添市でも地域が限られてしまうメリットですが、僕が住んでいる宮城という地域は、那覇に行くにも北谷方面に行くにもちょうど良い距離なのが気に入っています。

おしゃれ!

まだまだ上げればいくらでも良い点はありますが、最後にこれだけは伝えたいことがあります。

浦添って住んでいない人はただ通り過ぎてしまうだけで、まぁ行くとしてもパルコシティくらいだと思います。

しかし!!

浦添には「港川ステイツサイドタウン」というハイパーおしゃれな外人住宅街があります。

58号線から1本入らなければいけないので知らない人も多いと思いますが、
かつて米軍の住宅街として栄えていた場所で、今は雑貨屋さんや飲食店がたくさんあります。

観光地のようになっているのでぜひ足を運んでみてください。

さてさて、デメリットについてですが・・・・

浦添市のデメリット

これは僕自身はあまり感じないことですが、ネット調べによると、
住宅が密集しているのがデメリットだそうです。

浦添市は人口密度が那覇市の次に高く、鉄道路線のない市町村では全国1位の人口密度らしい。
(そりゃ路線なければ過疎ってるんじゃ・・・)

逆に言えばどこでも誰かがいる環境って、子供たちにとっては安心かもしれませんよね?

田舎に移住してのんびり生活!とは少し違うかもしれませんが、考え方によってはいつも誰かが近くにいてくれて安全だと捉えることもできそうですね!

まとめ

独身の僕が言うのもなんですが、子供がいる方や家族で住むにはぴったりだと思います。

公立幼稚園の数も他の市町村に比べ多いですし、実際僕の家の周りにも半径50m以内に学童、小学校、中学校があります。

朝はうるさいし、校庭の砂被害はひどいですが、
沖縄県内では一番おすすめの市町村です。

お引っ越しの際はぜひ浦添市へ!

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です