ポークのグリル バルサミコソース

ボークソテー バルサミコソース

美味しい豚ロースを頂いたのと、タイミングよくローズマリーを頂いたので、

これは「ポークのグリル」をつくるっきゃないと。笑

 

まずは、付け合わせの玉ねぎから焼いていきます。

 

根っこの部分を残したまま、くし形に切ります。

オリーブオイルで焼いて、塩をふるだけなのですが、鉄板で焼くと玉ねぎの旨味が凝縮されて、最高のガロニ(付け合わせ)になります。

 

メインのお肉を焼きましょう。

反り返らないように筋切りして、塩胡椒を軽く振って焼いていきます。

 

お肉の焼き方は、片面から7割、裏返して3割で火が通る割合で焼くのが最も美味しく焼けますよ。

 

お肉を焼いている間にバルサミコソースを作ります。

20年もののバルサミコとかだと、そのままでも濃厚で甘みがありますが、1本数万円ですからね。笑

普通にスーパーで手に入るバルサミコをフライパンで、1/5ぐらいに煮詰めてあげると、20年物・・のような濃厚なとろみと甘みが出せます。

 

 

こんな感じです。

実際に700円のバルサミコを1/5まで詰めたので、レシピ単価上では、3500円のバルサミコということになりますね・・・笑

 

グリルした、豚肉、玉ねぎ、ジャガイモを盛り付けます。トマトをオリーブオイルでグリルしても、めちゃめちゃ美味しいですよ。(トマトがなかったので、殺風景ですが・・笑)

 

 

最後に、煮詰めたバルサミコをかけて、完成です。

 

豚肉、ローズマリー、バルサミコの組み合わせは本当に美味しいですよ!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です