車のヘッドライトの黄ばみを『ムヒ』でキレイに出来るって本当?試してみた

こんにちは!しょうです!

最近悩んでいることがありまして、、車のヘッドライトの汚れが気になるんですよね。汚れというか、黄ばみというか、購入から時間が経つと黄色くなってくるあれです。

僕は車と部屋はどこまでもキレイにしていたいという性質があるようで、、仮に脳内を数値化するならば仕事50%、ご飯30%だとするなら「ヘッドライトの汚れ」が20%くらいを占めるくらいです。それぐらい気になって気になって仕方がありません。

でも経験上、ヘッドライトのクリーニングはプロに頼むと5万円くらいかかるはずなんですよね。

「現状維持」を取るか、「5万円でキレイさ」を取るか・・・。

こんなやりとりをしていながらも結局お店にはいかず・・・第三のルートを模索することにしました。

それから次の日のこと。

車のヘッドライトの黄ばみは虫よけスプレーの「ムヒ」でキレイになるという話を発見してしまいました。

ナニコレ。半端なく綺麗になる。スチーマーには確かに負けるけど、ムヒの戦闘力もなかなかのものです。

動画を見てみてください。結論から言うと、ムヒで十分です。

かくかくしかじかでムヒでも戦えることが分かったので早速やってみましょう!綺麗にならなくてもまぁ、500円くらいのムヒ代だけですからね。やらない善よりやる偽善。違うか。

というわけで買いました。届きました。

やり方はいたって簡単で、この青のムヒをマイクロファイバーのタオルにスプレーして、拭くだけです。

こちらが施工前。

これが施工後。

違いに気づきました?

もう一回見てみてください。こちらが施工前。

こちらが施工後。

違いに気づきました?

強く「これ絶対変わったよね!?」と言われたら「う、うん・・」と言ってあげてもいいかな。・・・ぐらいの微妙なギリギリな、きわどい・・う~ん。いやあんまり変わってないんですよね。

まぁ、、仕方ない!

期待していましたが、もしかしたら車種とか色々原因はあるんでしょう。

ただちゃんと書いておくと白いタオルでごしごし拭いたところ、結構汚れが付着していて、タオルが使い物にならないくらい汚れを落としてくれました。なので効果の有り無しでいうなら「有り」ということですね。

ムヒはすごい!

動画のようにクリアな輝きを戻したい場合は研磨をしっかりして、その後に表面を溶かすようなプロの施工が必要なんだなと思います。

なので、また汚れが気になる「気持ちの波」が来るはずなので、その時にまたレビューしますね。

ひとまず簡単な汚れならムヒで結構キレイになるというのはわかりましたね。気になっている方は是非試してみてください~^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です