沖縄の夏・・・それはダイビング天国である。

ハイロックス代表の「ひだりした」です。

前回僕は、夏だ!筋トレの季節がやってきたぜぃ!という記事を書きました。

僕の場合は週2回。(できれば3回)
ジムに行く時間を作り、筋トレに勤しんでいます。

筋トレするとたくさんいいことがあります!

しかし・・・?

今日は「筋トレにおけるデメリット?!」について触れようとしましたが、ふとダイビングをしたくなったので、ダイビングについて書いてみようと思います。

アフターコロナ
ついにダイビングが解禁!

やっと、、、やっとダイビングが解禁されました!
僕もそうだけどみんな潜りたくて潜りたくてたまらなかったはずだけど耐えに耐え抜きました・・・やっと潜れます。

沖縄といえば青い海!
昨年から僕の趣味に「ダイビング」が加わりました!

去年はダイビング初年度ということで、まぁまぁ活発に動けたのではないかと思います。

石垣島では念願のマンタを見ることが出来ました!

じっと息を潜め、僕の上をスイスイと優雅に泳いでいく姿を見る。
みんな必死でカメラを、GoProを構えて、マンタを追う。

「マンタが出たら着底(底で岩などに捕まった状態)して追いかけたりしては駄目だ。」と、言っていたダイビングショップのおじさんが、誰よりも興奮してマンタを追いかけていた姿が印象的でした。笑

わかりますか?!この距離ですよ!
そりゃぁもうみんな大興奮も大興奮。

こんな至近距離でマンタを見れるだなんて思ってもいなかったので感無量ってやつです。
ほんと興奮しすぎてずっとマンタの話してたくらいでしたよ。

ちなみに石垣トリップは社内ダイビング部のメンバーと、
ダイビング大好きなクライアントと石垣島の現地集合というスケジュール。

ホテルではなく、エアビで物件を借りてみんなで泊まったのもまた新鮮でとても良かったですね。

石垣では難しいポイントには行かなかったし、深さもそれほどなかったけれど、海はとてもきれいだったし、何よりマンタさんにあえてとても満足な石垣トリップでした^^

今年もみんなで石垣攻めたいなぁ。

個人的には西表島とかもいきたいけど、
休みとって行けるように仕事がんばりましょう^^

いざ、一人で宮古島へ!

知らない人たちに混じり、一人でダイビングに参加する。
実は僕の中ではとてもとても勇気が必要だったものです。笑

なぜなら、基本的にツアーに参加したり連休に離島に潜りに行く人なんて、
みんな僕なんかよりも何倍も潜っている人たちだし、泳ぎもみんなとてもうまい。

何より呼吸が上手なので酸素が減らないこと減らないこと・・・

そんな猛者揃いの中を必死にくらいついていきましたとさ。笑

ちなみに、宮古島といえばダイナミックな地形ポイントがたくさんあります!

わかりますかこれ。
そう、「ハート」の形をしてるんですね。

カップルで潜ってうっとりするには最高かも??
なんてことはないか。。笑

ミニ通り池というポイント。
この光の差し具合と、ここに映っているダイバーと。
完全に一体化して素敵な画になりましたね。

本当にあっという間の2日間でした。

たったの2日間では全然回りきれなかったので、今年は去年行けなかったポイントを潜ってみたいですね。

ダイビング部のメンバーを紹介します!

イケダ(部長)
一番経験もあり、上手なので強制的に部長に任命。
経験本数は100本くらい。彼がいればセルフダイビングも楽しむことが出来る。
体重が50キロ台前半と痩せ過ぎているため、すぐに「寒い」と言い出しすぐに海から出たくなるときがあるのが難点。

ロング(筋肉)
先日、約1年ぶりのダイビング。
潮の流れがとても早くイケダとひだりしたがへばってしまい酸素がなくなる自体に。
そんな中、持ち前の筋力と体力と根性で誰よりも先頭を泳いでいたのはさすが。
ブランクを完全に筋肉でカバーしていた。帰りの車の中でも「筋肉があれば解決出来る」と語っていた。

うえだ(船酔い)
彼が船に酔っていないところをみたことがない。
一番年下の彼は、「おさがり」ですべての道具を揃えることを密かに目論む。
去年誰よりもダイビングにハマっていたが、昨年冬から海よりも色恋路線に面舵いっぱい。
海での素敵な出会いを期待して、今年はたくさん潜ろうではないか。

しょう(ニューカマー)
2019年、沖縄へ移住し、即ダイビング部へ加入!
フィリピンでwithジンベイの経験者である期待のホープ。
しかしライセンス取得後、一度も潜っていないのでやや心配。
2020年はセールスヒットを連発し、海を謳歌しまくる予定である。

ひだりした(引率)
石垣島では一人で勝手に指を脱臼し、最近は高確率で足を攣る傷らだけのダイバー。
特に浮上して皆で船を待っているときがなぜか一番攣りやすいのでみんなでケアしてくれ。

ミヤタ(ジュゴン)
そこにいるのはミヤタなのかジュゴンなのか・・?というくらいシルエットが酷似している。
辺野古ではジュゴンに間違えられて保護されそうになったことがあるとかないとか…
前日に酒を飲みすぎ、船にのった5分後からリバースを開始し、1ミリを海を楽しめなかった漢。

ダイビング部へようこそ☆

僕は沖縄へ移住してきて13年になりますが、ダイビングを始めたのは昨年です。
「なぜこれまでやってこなかったんだ・・・」と後悔していますが、これからガンガン潜っていくので良しとしましょう。

週末、特に夏シーズンは頻度高めで潜りにいきますので、興味がある方は是非ダイビング部の誰かへお声掛けください!

「体験ダイビング」も出来るので、まずは体験してみるところから始めましょう。

たくさん写真や動画があるので、僕や他のメンバーで紹介していきますね。

レッツ☆ダイビング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です