大井川鉄道のきかんしゃトーマスがリアルすぎた件

緊急事態宣言が解かれたのはいいけど、以前の生活スタイルが思い出せなくなってしまっていて困惑している川村です。

いつからやってたっけ?緊急事態宣言って、、、

さて。引き籠ってちゃ楽しめないって事で行ってまいりました。リアルきかんしゃトーマスに会う為に。

これ見つけた時はテンション上がったな~。4歳ホヤホヤの息子はトーマス大好き小僧なので、どうしても連れて行ってあげたかった。やっと実現できました。^^

トーマス尽くしの日程組み

目的の地である大井川鉄道は「静岡県島田市」に本拠を置く、日本で唯一SLの営業運転が年間300日以上ある鉄道です。

そう。トーマスじゃなくても「本物のSL」に乗れてしまうわけです。

ただ、静岡県はまぁ良いとしても「島田市」ってなかなか行き辛い。特に沖縄からだと大変。

一番最寄りの空港には直便が無いし、大きな空港として一番近いのはセントレア(愛知県)だけど時間帯が悪い&1便しかない(到着は夕方遅めで帰りは午前便)という状態。

仕方ないので「大阪 or 東京」で組む事にしたのですが、せっかくトーマスに会いに行くなら徹底的にトーマス尽くしにしようと思い、富士急ハイランドの「トーマスランド」も予定に組み込む事に。

その結果・・・

沖縄(那覇)→飛行機→東京(羽田)→レンタカー→静岡県(大井川鉄道)→山梨県(富士急ハイランド)→東京(羽田)→飛行機→沖縄(那覇)

という行程になりました。なかなかの大移動です。

川根温泉ホテルの景観が素晴らしい

さて当日。午前11時の便で那覇を出発し、14時過ぎには羽田でレンタカーを借りて目的地の大井川鉄道に向かう。羽田→静岡県島田市は距離にして約320km。時間にして3時間半の行程です。おっふ。

僕は元々トラック野郎(中距離)だったので、当時の1日分より短い距離だし問題ないだろうと思ってたけど・・・クソ疲れました。汗

しかも、新東名って神奈川入ってからずっと「制限速度120km」だったんだけど・・・日本の道交法って前は最大100kmだったよね?いつの間に・・・

※120って書いてる。見えないかもだけど・・・

夕方17時半。ついに目的地となる大井川鉄道「新金谷駅」近くの(言うて10kmは離れてる)川根温泉ホテルに到着です。

写真スキルが底辺過ぎてアレですが、目の前には大井川と鉄橋。日本って最高だね!って思わせてくれる景観が広がっています。

部屋からこの景色が見れるところもある(残念ながら我らは逆向きの部屋でした)らしいので、部屋でくつろぎながら静岡名産のお茶をすすり、目の前の鉄橋をSLが走り抜ける・・・情緒あふれる日本の姿を見ることも可能。

温泉は炭酸温泉できもちよい。露天風呂からもこの景色が見られるようだけど、僕が行ったのは夜だったから真っ暗で何も見えなかったです。残念。

メインは翌日なのと、想像以上に疲れてたようでこの日は即就寝でした。

>> 川根温泉ホテル

大井川鉄道のきかんしゃトーマスがリアル過ぎた件

朝8:30にホテル(旅館に近いがw)を出発し、山道を爽快に走り抜けて30分ほどで目的地となる大井川鉄道「新金谷駅」に到着。トーマス号の出発は9時半なので30分ほど時間がある。

その時間もちゃんと楽しめるように「整備工場の見学」が出来ます。いざ整備工場!いざご対面!

でか!そしてリアル!笑

我が家のチビ助もテンション爆上がり。そんな子供より親父の僕の方がテンション上がってたかも知れない。

何にせよ、存分に整備工場を堪能した後は遂に乗車です。乗れるんですよ。リアルトーマスに。

ここからは文字数を気にしてサクサクいきたいと思います。やっぱ文字より写真ですよね。※無加工です。←どこの女子やwww

1時間15分ほどだったと思うけど、新金谷駅から千頭駅に到着。トーマス弁当を買ってお昼にします。

この千頭駅にはトーマスの仲間たちもたくさんいるので、見た目のインパクトはめちゃくちゃあります。

トーマス号に乗らなくてもこの駅に遊びに来るだけでも十分価値あるんじゃないかと思いますね。ホントに。

そして帰りですが、今度はトーマス号ではなく「バスのバーティー」に乗って帰るのですが、これには理由があります

トーマスのお話の中に「トーマスとバーティーのきょうそう」というお話があるのですが、それを再現してくれているのです。つまりトーマスとバーティーは「並走する」ってことですね。

行きはトーマスからの視点で、帰りはバーティーからの視点。

行きのトーマスでは「大井川鉄道のガイド」をメインにアナウンスが流れていましたが、帰りのバーティーでは「トーマス号との競争」をメインにバスガイドさんが話してくれます。「もう少しでトーマスに並びますよ~」とか。

並走するシーンが何度もあるので、画的には「乗るより並走」の方が良いのが撮れます。

そして夕方16時半くらいだったと思うけど、大井川鉄道「新金谷駅」に戻ってきまして、トーマス VS バーティーの競争も決着となりました。

後は川根温泉ホテルに戻ってのんびり温泉です。

ご紹介してきた通り丸一日ずっとトーマスなので、トーマス好きなお子さんには最高のスポットだと思います。

そして大井川鉄道のメインは本来SLですから、大人も十分楽しめると思いますよ。SLに乗る機会なんてそうそうないと思いますので。

見て良し、乗って良し。景観も温泉も最高なので大井川鉄道おススメです。

>> 大井川鉄道はこちら

さて次は、富士急ハイランドのトーマスランドです。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です