キャンプ部『乙羽岳森林公園キャンプ場』でソロキャンパーが集いしっぽりと

こんにちは、趣味はキャンプとバイクのしょうです!

久しぶりにキャンプに行けたので記事にしてみます。今回は純粋にキャンプを楽しんでしまったので、盛り上がり所は特になく、静かな記事となります(笑

さて、前回のキャンプから大分間があきましたが、ようやく来れました!

今回訪問したのがこちら。『乙葉岳森林公園キャンプ場』です。

(※引用元:乙葉岳森林公園キャンプ場

ちなみに「おとはだけ」ではなく「おっぱだけ」と読むようですね。沖縄ベテランキャンパーにはかなり有名なキャンプ場のようです。

地理的に言うとここです。

那覇市内からだと大体ですが、1時間30分から40分くらい。土日の場合は許田ICを降りてから名護市内の一本道で渋滞にハマる事が多いので+30分くらい見ておくとちょうどいいですね。

今回も装備はソロキャンプ用でキャンプイン!

この生活感というか、雑多感というか。。オシャレキャンパーになりたい。。

とにかく約10分ほどで設営完了!

乙葉岳森林公園キャンプ場は区画整備がしっかりしていて、自分のエリアがわかりやすい。初心者の方や、ファミリーキャンプにはおススメできそう。

写真で見るとわかるとおり、草や葉っぱがない平なところが自分のエリアですね。

自分の空間を大事にしたい方はキャンプエリアの外周(壁際って言ったらいい?)で陣取るのをおススメしたいです。内部に陣地を取ると、人の往来が気になってゆっくりできなさそう。

ソロキャンパーは特に壁際がおススメ。早いもの順らしいので早くキャンプインした方がいいです。

いつものソロキャンメンバーも設営完了。手慣れたもんですね。自分の寝床は自分で作るがソロキャンルール。

万年ダイエッターの私はキャンプ場まで来てささみを頂きます。

こう見るとなかなかよさげですね…。食べてみると…。うん!ささみだ!

スキレットがちょっとずつ育ってきたのが嬉しいところ。今回家を出発して15分ぐらいたったところで「スキレット」を忘れたことに気づき、戻るか戻らまいか悩んだあげく、諦め切れず、、結局また15分かけて家に取りに行きました^^;すべてはスキレットのためですね笑

森林公園キャンプ場のすごく良い所は「廃材が使える」ということ。なので焚火は延々と楽しむことが出来ました!ちなみに廃材は無いこともあるらしいので、事前準備をしておいたほうがよさげです。

ちなみに青い探検家のような出で立ちをしたイケメンがショートさん。画像から見切れているイケメンがロングさんです。焚火台だけがギリギリ入りましたw

近くにスーパーが無いので、買い出しは名護市内がおススメ。コンビニ(ローソン)があるけど車で10分くらいの距離。先に買い物してから向かうのが良いと思います。古宇利島が近いので観光で来られた方はセットにすると遊びやすいかもです。

まとめ

乙羽岳森林公園キャンプ場は区画整備がしっかりしているので、ファミリーキャンパーにおススメかもです。僕らは土曜日に行ったということもあって、ファミリーや団体が凄く多かった(汗 ソロで静かにゆっくりしたい方は土日を外すとベスト。

プロキャンパー細川氏によると「普段はガラガラで静か」とのことなので日によるのかもしれません。

さて、、次回はどこに行こうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です