カタラーナを作ろう

イタリアンドルチェの代表格とも言えるカタラーナ。

もともとはスペインのカタルーニャ地方発祥のドルチェです。

有名なフランス菓子のクレームブリュレの原型とも言える、古くから愛されてきたカタラーナを簡単に作れる方法をお伝えします。

湯煎でオーブン焼きが基本ですが、そんな面倒なことはやりません。笑

温めて冷やすだけの超簡単で激旨レシピをお教えします。

 

材料

1)生クリーム200cc

2)牛乳50cc

3)卵(全卵)3個

4)グラニュー糖50g

5)バニラビーンズ(なければエッセンスでも)

6)ゼラチン5g

7)リモンチェッロ(レモンのイタリアンリキュール)30cc

※なければオレンジグランマルニエで代用も可能

 

■仕上げにグラニュー糖適量

レシピ

1)~5)までを鍋に入れて、超弱火で良くまぜながら70度ぐらいまで加熱します。

ゼラチン5gを50ccほどのお湯で溶いたものを加え、良く混ぜます。

目の細かい茶こしや裏ごし器で、裏ごします。

粗熱が取れたらレモンチェッロを加えます。大人味にしたければ多めに。

冷めたらカップにつぎ分けます。

クレームブリュレ風に食べるなら、冷蔵庫で冷やし固めます。

カタラーナにするなら、冷凍庫で凍らせます。

食べる直前にグラニュー糖を振って、バーナーで焦がして表面をカラメリゼしましょう。

湯煎+オーブンで焼くと、カスタードプリンのような感じになりますが、温めて卵の臭みを飛ばしてからゼラチンで緩めに冷蔵庫で固めるると、表面がカリカリ、中がトロトロにとろける感じに仕上がります。

下の写真はクレームブリュレ風に作ってみたやつ。

 

カタラーナとして食べる場合は冷凍庫から出して、ちょっと緩んできたタイミングで上記の仕上げをすると最高に美味しいです^^

アイスカスタードケーキのような感じですね。

かなりヤバい美味しさです。

 

スペインでは毎年3月19日の「聖ヨセフの日」に食べる習わしがあるそうです。

このレシピだと、オーブンが無くても簡単に作れるのでぜひお試しください。

 

ちなみにカラメリゼするには焼きゴテを使う方法もありますが、バーナーがあると上手にできます。

バーナーなんて・・・と思いがちですがAmazonで1300円ですし100円のカセットガス缶で使えるので、一つ持っておくといろいろ使えて便利です。

チャーシュー炙ったりフレンチトーストをカラメリゼしてパンペルジュ風に仕上げるなど様々なバリエーションが楽しめますよ~~。

あ、もちろんキャンプでも大活躍します。笑

 

トーチバーナー ガスバーナー(アフィリリンクじゃないっすよw)

↓↓↓
https://amzn.to/38sUeRc

バーナーがなければ、焦がしカラメルを垂らして食べても、美味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です