【続報】サイコパス息子の興味。

どうも、ご存知の人はご存知、娘息子がいるTATSUYAです。

さて、以前こんな投稿をしました。

さすがに心配です、我が息子のサイコパスっぷりには。

さすがにこのままは良くないだろうということで、遠隔ながらもSkypeなどで話す機会を増やすことになりました。

さて、そんな息子ですが、ますます不安になる情報が入ってきました。(お腹いっぱい)

それらを「続報」という形でご紹介していきたいと思います。

【1】好きなYou Tubeチャンネルが都市伝説系

※実際に送られてきた画像

息子は小学2年生。

好きな年頃といえば、そうなのかもしれない。

ただ、一般的かどうか、は気にはなるっちゃなります。(笑)

僕としては、まぁまぁ、好きなモノ、興味を持つものを否定したくないし、息子が興味を持っているなら、許容範囲かなと思っているところ。

好きなら好きで、否定する必要はない。

ただ、本当に興味があるのかは甚だ疑問である。(苦笑)

【2】好きなキャラクターがホラー…

※実際に送られてきた画像

本当に息子はこれが好きなのだろうか…。

父ちゃんには、これが一体何なのかわからない!!!

うん、普通に怖い。

調べてはみたものの、ピンとこない。なんなんだこれは・・・。w

【1】はまだ許容範囲。【2】が加わることによって、急に怪しい空気が漂い始めた。

【3】検索履歴が「はだかとおっぱい」

※検索履歴の画像が送られてきたが、センシティブな情報になりそうなので控えます

個人的には、待ってました!というカテゴリのモノがようやく登場。

息子は小2といえど、一人の男の子だ。

そうそう、そうだよ。こういう性への興味をもっと持てと。

調べてみたけれど、性に対する興味は結構幅広い年齢層で、きっかけや環境などによって様々のようだった。(遅い早いは幅がある)

【1】と【2】より、【3】から息子が男の子なんだなと思える点は、凄く安心した点である。

【4】性への興味からの発散方法が「パンツを被る」

・・・またしても急に、暗雲が立ち込めてきた。(2回目)

【3】で言ったように、性に興味を持ち出したんだろう。

ただ、何を思ったのか、女性用パンツ(つまり母親)を、クローゼットに隠れて被っていたというのではないか。。

母「なんで被ったの?」と聞いてみると、息子は「被りたかったから」のだと。

うーん。

僕としては、その性への興味、気持ちの発散する方法がわからなかったんだろうなと想像した。

こういう事象は、やったことに焦点を当てるのではなく、その行動に至った感情を紐解いてあげるしかないと考えている。

これは僕の想像ではあるけれど、きっと発散方法がわからなかった、に尽きる。それこそ、小学二年生で性教育なども十分にされているわけでもなく、性への知識もこれからなのだから。

性教育への取り組み方

今年に入って、女性タレントであるシェリーさんが、性教育の発信をYou Tubeチャンネルを解説して始められていた。

それが、「SHELLYのお風呂場」

https://www.youtube.com/channel/UC4N7NpqbOJ-F8wna4Nf_Xaw

日本では、性教育に対してネガティブな思考が占めている(ような気がする)。

恥ずかしいこと、卑猥なこと。親がどう説明していいのかわからない。etc..

僕は、息子にはしっかりと性教育はやってあげたいと思ってる。

それは学校がやってくれるのではなく、親が教育するべきだと考えているから。(それが良いとか悪いとかではなく、僕の考え)

ただ、難しいのは難しい。

息子は恥ずかしいと思うかもしれないし、興味を持っていないかもしれない。

でも、僕が性教育において、凄く良い言葉だなと思った言葉があり、「正しいかどうかじゃなくて、女性を守るための知識」という言い換え表現が凄くしっくりきた。

息子にそうなってほしいなという気持ちがある。

こればっかりは徐々に話して行かないと、何とも言えないことなので、時間をかけて、息子と向き合っていきたいですね。

小さいお子さんがいらっしゃる人には、「SHELLYのお風呂場」はライトな感じでもあり、おすすめです。絶対にいつかくる問題なので。^^

最後に・・・

娘はバリバリの熊本弁で、「心配しとっとよー」など使いこなしてます。

それは、めちゃくちゃ可愛い(親バカ)

そんな娘が、小さい頃、トトロのOPのモノマネをしている、世界一可愛い動画を置いて、今日は締めます。

それでは、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です