【白髪】絶対的に気になって仕方ない奴。

どうも、TATSUYAです。

最近はブログにもあるように、子供の成長について頭を費やす日々です。

心配ではありますが、個性は個性として、仮にそれが何かしらの「障害」だったとしても、それはそれです。

我が娘、息子であること、そして僕の気持ちは何一つ変わりません^^

弊社ハイロックスでも、「親」になった人たちも本当に増えましたね~。

以前は結婚してない人のほうが多かった記憶がありますが、気がつけば最近では少数かもしれません。(良い事ですね♪)

最近の悩み

子供のことは悩みといえば悩みですが、子供のこと考えてるとそんなに苦しくないんですよね。

どちらかというと、悩んでるのは自分のことで。

何に悩んでるかというと、、、

そう、「白髪」です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

そんなにたくさん生えてきたってわけじゃないんですが、ちらほら髪の毛に混じってきたのを感じます。

気になりだすとこれが止まらない…!!!

そして一度気になりだすと、増えてる気がしてならない…!!!

“僕も歳をとった”

6月で34歳になりますから、こればっかりは仕方がないことなんでしょう。

ただ、ただ、気になって仕方ない。(笑)

美容ではないですが、少しアンチエイジング的な、何かをしなければと、老いに抗うしかありません。

何より、体力的に衰えすぎてて、階段の上り下りがシンドイことシンドイこと…。

圧倒的、運動不足が否めません。

そこで、黒柳さんが言っていた、毎日スクワットすることを始めました。

何事も継続がチカラですからね。

初日からもう足がガクガクです。

最近の恋愛事情

僕にそういう浮いた話はないんですが、驚いたことが。

それはゲームで遊んでて、会ったこともないのに付き合ったりするらしいことです。

ちょっと最初は意味がわからなかったんですが、割とあるみたいで…。

確かに一緒にゲームをすることで仲良くなりますし、距離は縮めやすい。

それはわかります。

百歩譲って、好意を持つところまでは、百歩譲りましょう。

でも、そこから付き合うって…!?

どういうこと!?ちょっと33歳の独身男性には理解が老いつきま、追いつきません。(汗)

凄い世界を見てしまった。と驚愕したのは一瞬で、多様性を受け入れました。

僕には難しいですが、そういう恋愛の形があるんだな、と。(大人になった)

自分ブランディング

僕が好きなマインドというか話があります。

日本人は「もうおじさんだし…」「もうおばさんだから…」といった言葉を口にする人が多い。しかも30代からは特に。

でも、イタリア人は自分をおじさんおばさんと、思っていない。

日本人は、年老いた気分を味わいたいのか、自ら進んで自分で自分をそうブランディングしがち。

・・・

確かに…!

僕も33歳になりましたが、自分のことを「おっさんになった」なんてことを口にしていたことが多々あったなーと。

確かに、おじさんおばさんになるって嫌なことだったはずなのに、自分で自分をおっさん呼ばわりするって、変ですよね。

なので、日本では痛い人っぽく映るのかもしれませんが、自分のブランディングは自分で決めて、そういう大人にならないようにしたいなと。

そして、人にもおじさんおばさんだーと言わないようにしたいですね!

まだまだ僕は若造です。(違う、そうじゃない)

最後に・・・

今や大人気アプリ「ウマ娘」が2021年4月に“全世界”の売上ランキング3位になったと発表されましたね!

日本でのアプリにも関わらず、世界での売上ランキングに食い込むのは凄すぎます…。

当然他のアプリは全世界でリリースされているようなアプリです。

僕もやってみましたが・・・

すぐ飽きました(笑)

好き嫌いは人それぞれなので、僕は合わなかっただけです。

アプリは本当に良く作り込まれているし、競馬好きの人にはたまらない・競馬知らない人でも楽しめる、そんなアプリなんだと思います。

(名馬に寄付されてるとかそういう裏の作りもしっかりしてますね)

もし、まだ食わず嫌いで触ってない人がいれば、触ってみてください。

(もう僕はやってません)

今日は話がしょうもない感じでしたが、このへんで。

それでは、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です