【特選】Disney+(ディズニープラス)絶対に観るべき作品はコレ!

Briar Roseです。

☑Netflix

☑HULU

☑Amazon PRIME

色々あるサブスクの中でも、
お気に入りや、オススメはありますか?

サブスクの魅力は、
月額定額制だけでなく

📺テレビ
📱スマホ、
📱タブレット
💻パソコン

などなど

「そのときに見合ったデバイス」

いつでも気軽に視聴できますし、

あらかじめデバイスにダウンロードしておけば
Wi-Fi環境じゃなくても楽しめることですね。

もう、わざわざレンタル店に行って
探し出す手間も、

期日内に強引に観て、
返却するような面倒もありません^^;

DVDやBlu-rayを人に貸して傷つけられたり、
借りパクされる心配もありません(苦笑)


Disney+
月額700円で見放題!

昨年2019年11月に開始した配信サービス
ディズニープラス

月額見放題の配信サービス・・・
いわゆるサブスクなんですが、

🎬ディズニーアニメ

🎬ディズニー映画(実写)

🎬ピクサー

🎬マーベル

🎬スターウォーズ

🎬ナショナルジオグラフィック

これらが全作品が、
月額たった700円で「見放題」なので

映画ファンとしての、
ユーザーメリットも大きいですよね🎬




『アナと雪の女王2』


この映画は
メイキングもステキです🎬



『トイ・ストーリー4』



他にも“超実写版”
『ライオン・キング』などなど
新作が早くもラインアップしていますよ📺



絶対に観るべき
ドキュメンタリー!
イマジニアリング

月額700円で見放題
ディズニープラスでは

ディズニーやピクサーの数々の名作の他にも
実写版など、多くの魅力的な作品が見れますが

ディズニーパーク好きだったり、
バックグランドヒストリーが好きだったり
ビジネス目線でディズニーが気になるなら

「イマジニアリング」が
絶対オススメです!!

「イマジニアリング」は
ディズニーパーク完成の裏側・・・

つまり、ディズニー約70年の
歴史を紐解くテーマの
メイキングドキュメンタリーになっています🎥


夢と魔法を実現する
ディズニー職人集団

ディズニーイマジニアリングは、
世界中のパーク設計を担う
会社です。

※正式名称ウォルトディズニーイマジニアリング(WDI)


ディズニーイマジニアリングの事業は「3つ」

📝ディズニーパークの設計と開発

🎢アトラクションの企画

🌟クオリティー管理

ウォルトの構想と精神を受け継いた
究極のプロ集団が、

豊かな発想力と確かな技術力で
パークをデザインしています。


私たちが好きなアトラクションも、
お気に入りの景色も「すべて」は

ディズニーイマジニアリングのデザインを
完全再現したものなんですね。

イマジニアリングは、
ウォルトディズニーのアイデアを
再現してきた職人とも言える

プロ集団「イマジニア」たちの
素顔や裏側が見れます。

イマジニアの専門分野(職種)は
140種類以上!

イラストレーター、建築家、劇作家など
パークの設計に関わる職種が
「すべて」集まっています。


いわば、

リアル“魔法使いの弟子”が集まった
専門的な「プロ集団」なんですね



イマジニアリング
「第1話」

「第1話」は、ディズニー信者の
聖地「アナハイム」

ディズニーランド(1955年開園)から
始まります。

工事着手前・・・

世の中は「第2次世界大戦」です。

まだまだ社会的に不安定な時代に

まだまだ未熟だった
映画クリエイターのウォルトが

パーク事業完成に向けて取り組む
強烈な想いや覚悟がビシバシ伝わります。


イマジニアリング
「最新 – 第2話」

「第2話」では、
ウォルトが「やり残した」プロジェクト

☑超広大な土地に
 ディズニーワールドを作る

☑ホーンテッドマンション工事着手

☑トゥモローランドの大改装

これら完成に向けての内容です。

ウォルトだったら、
どうしていただろう?

これが現場の「共通スローガン」
考えていったようです。


歴史的エンターテイメントの
文化遺産
ホーンテッドマンション

私が観て特に面白かったのが
ホーンテッドマンションの
メイキングシーンでした。

ホーンテッドマンションは
今年で「完成50年」になるのですが、

パソコンも普及していない時代に
当時の「世界の最先端テクノロジー」を
駆使している様子が描かれています。

舞踏会のを上から見るシーンでは、
ガラス反射のギミック

ライドに乗る前のプレショーでは、
部屋が伸びていくストレッチルームの仕掛け

どれもが、とても興味深い内容ですが
鏡像が話しけてくる
メイキングシーンに見入ってしまいました。

立体物に映像を投影して、表情を作るという
世界初のプロジェクションマッピング技術

今から50年以上も前に
「具現化」させていることに驚きます。

今見ると、江戸時代の精巧な
「からくり人形」のように見えますが

当時の最先端テクノロジー と
職人技術の結晶 であり、

歴史的エンターテイメントの
文化遺産にすら思えました。

世界初のプレショー

ライドに乗る前に
全員が集まって観る「プレショー」

今でこそ、
タワーオブテラーやソアリン、
シーライダーなどでも

当たり前の「演出」になっていますが

これもホーンテッドマンションが
世界初導入だったことを知り感動しました。

並んでチケットもぎってもらい、
乗って終了・・・の

アトラクションばかりの
時代において

アトラクションに乗る「全員」が
1度、集まってプレショーを観る。

プレショーで、徹底した世界観に
がっつり没入させる

この流れは、
とても画期的だったことが分かります。

とにかく、他にはマネできない
ディズニー「だけ」の世界観。

すでに50年前から「構想」を
緻密に再現していたことに驚きました。



カリスマ創設者の
構想(妄想)後始末!?
幻のウォルトディズニーワールド

ウォルトが逝去したとき、
アナハイムのディズニーランドは
完成していましたが

第2のテーマパーク
「ウォルトディズニーワールド」は、
何1つ出来ていませんでした。


そこで、ウォルトの兄である
「ロイ・ディズニー」
このプロジェクトを引き継ぐのですが

山手線の約2倍という超広大な
「土地だけ」買ったままで、何も手つかず。

しかも広大過ぎる土地の
ほぼすべてが「沼地」という状態(苦笑)

資金も設計図も
何もないところから完成まで

兄ロイ・ディズニーが
相当苦労したことが分かります💦

本来、ウォルトは「街」を
作ろうと考えていたらしいのですが

ウォルトの構想(妄想?)だけ
設計図すらないので、
完成イメージは誰も想像できません(苦笑)

そこで、まず最初に
アナハイムのディズニーパークを

完全再現したレプリカ
(現マジックキングダム)から着工します。

開園3ヶ月後に、
兄ロイ・ディズニーも逝去するので

まさに神がかった執念で
パークを完成させたことが分かります。

また、最初のパークである
アナハイムの改良点として
キャスト(従業員)が
スムーズに移動できるように

地下トンネルから
各テーマエリアへ行けるように改修した
秘蔵映像もありました。


今現在、
ウォルトディズニー・ワールドリゾートは

🎠4つのテーマパーク
・マジックキングダム
・アニマルキングダム
・ハリウッドスタジオ
・エプコット


🏊‍♂️2つのウォーターパーク
・タイフーンラグーン
・ブリザードビーチ


🎁ディズニースプリングス
(ショッピング街)


🏨30棟以上の直営ホテル

⛳️10以上のゴルフ場

⚾️野球場

🏎サーキット場

🦁動物園

🐠水族館

他にもアクティビティ施設、
数多くの商業施設などなど。

地球最大規模の
超巨大アミューズメントパークに
発展しています。


オリエンタルランドの貴重映像

ウォルトディズニーワールドの中に
「1つ目のパーク」
マジックキングダム完成後、

今度は、未来の実験都市と世界万博を融合した
「2つ目のパーク」エプコット完成に向けて
動き出すのですが、

まさしく、そのタイミングで
日本(舞浜)でも
ディズニーランドを開園したいと

ディズニー本社にオファーしている
当時のオリエンタルランド(高橋社長)の
貴重な映像も見れます📺

これまで、ディズニーを
日本に持ってきたドラマや
京成電鉄と三井不動産がオリエンタルランドを
創設したという文献資料や
ドキュメンタリー映像はありましたが、

完全にディズニー本社(アメリカ)目線
日本(オリエンタルランド社)を見ている
映像は初公開だと思います。

とても興味深いですよ。

事実は「1つ」でも、
立場(視点)が違えば、解釈は様々


イメージ的に言えば、
太平洋戦争末期の硫黄島を描いた映画

🇺🇸父親たちの星条旗(アメリカ目線)
🇯🇵硫黄島からの手紙(日本目線)

このような感じですね。


ライセンス契約に
サインする様子も映っていますが、

東京ディズニーランド開園が1983年なので、
工事着工前の1970年代かと思います。

構想図には「1974年」と書いてあるので、
今から46年前の貴重な資料ですね📝


東京ディズニーランドも開園当初は、
アナハイムの再現(レプリカ)でした🎡

エントランスに入り、
ワールドバザールを通る・・・


その先にシンデレラ城がある
ファンタジーランド

左側にアドベンチャーランド

その奥にウエスタンランド

右側にトゥモローランド

この配置が「基準」になっています。

最初は世界基準の完全再現のレプリカでも
現在は、かなり進化していますね♫

マップを見れば一目瞭然です👀


カリフォルニア(アナハイム)の
ディズニーランドから始まり

現在、世界中に
「6つ」あるディズニーパーク

🇺🇸ディズニーランド・リゾート
(カリフォルニア)
1955年開園

🇺🇸ウォルトディズニーワールド
(フロリダ)
1971年開園

🇯🇵東京ディズニーリゾート

(舞浜)
1983年開園

🇫🇷ディズニーランド・パリ
1992年開園

🇭🇰香港ディズニーリゾート
2005年開園

🇨🇳上海ディズニーリゾート
2016年開園

どのパークにおいても
技術や最先端テクノロジーの
移り変わりを観てみたいですね♫



動画配信サービスの「黒船」
圧倒的コンテンツに期待!

ディズニー6代目CEO
「ロバートアイガー」

彼が未来に見据えていたのは、
ファンやユーザーへの

直接配信(D2C)ビジネスでした💻
※D2C=Direct to Consumer

圧倒的なコンテンツがあるディズニープラスは
7,000万人の加入者を獲得して、

エンターテイメント界でも
巨大勢力になっています。

ロバートアイガーは
もともとメディア畑出身だったからこそ、
ディズニーのビジネスモデルの
限界を知っていたはずです。

圧倒的なブランディングを誇っていても
テクノロジーの進化にあわせて、

時代に見合ったコンテンツやサービス
重要だということを
理解していたからこそだと思います。

ピクサー社、マーベル社、
ルーカスフィルム社などなど。

ディズニーが次々に買収した企業の中には
買収当時、まだ新しく小さかった
「ストリーミング」会社の

BAMTech社もありました。

BAMTech社の技術の真髄が、
まさに今「Disney+」で活かされていますね。

新作映画も良いですが、

「イマジニアリング」

オススメですよ🎬




Imagining the Magic

Briar Rose