【TDS】センター・オブ・ジ・アースのバックグラウンドストーリー※ミステリアスアイランド編(深堀り解説Part③)

モビリス❣(モビリー)
Briar Roseです。

🌏冒険とイマジネーションの海へ🌏

TDSは世界のディズニーパーク史上
初めて「海」をコンセプトにした唯一のパーク🚢


今年は開園20周年ですね🎉

20周年記念グッズやスペシャルメニュー、
ハーバーグリーティングも盛り上がっています❣



異国情緒に溢れる雰囲気で
イマジネーションに富んだ世界観🌏

地中海のような美しい港街を眺めていると
まるで海外旅行のような気分にも浸れます💕

夕暮れや、夜の景観は最高🌆

私は気分転換で1人でも訪れていましたw



今回の記事では、TDSの人気エリア
ミステリアスアイランドの深堀り📝

プロメテウス火山の麓にある
センター・オブ・ジ・アース
バックグラウンドストーリーを解説します🌋


ミステリアスアイランドとは!?

ミステリアスアイランドには
天才科学者「ネモ船長」の科学研究所があります。

このエリアは深く広い物語が
かなり緻密に作り込まれているんですよ📖


ちなみに、ミステリアスアイランドは
「すべて」ネモ船長が作ったという設定📝

壁や看板、装飾品などあらゆる箇所に
ネモ船長の「N」のイニシャル文字が見えます👀


センター・オブ・ジ・アースの正式名称

世界中にあるディズニーパークでも
センター・オブ・ジ・アースがあるのは
舞浜(TDS)だけ🌏

TDS開園当時からある
人気アトラクションですね🎢

一般的には「センター」と略されていますが
マニアはから「ジャーニー」と呼ばれています。

ジャーニー!?

アトラクションの正式名称は

Journey to the Center of the Earth

入口にデカデカと書いてありますが
意外とスルーしている人も多いかもしれませんね😅


原作はジュール・ヴェルヌのSF小説📖
『地底旅行』がモチーフになっています。
※1864年発表


映画化もされています。

🎬Journey to the Center of the Earth
※1959年公開



映画は2008年に
「3D版」でリメイクもされてます🎬




ネモ船長が開発
火山を掘る屈強な削岩機

センター・オブ・ジ・アースの
アトラクションコンセプトは

未知に包まれていた地底世界
ネモ船長が発見。

見学することが可能となった
私たちゲストは「科学者」として招かれ
神秘の地底世界を巡ることになった。



アトラクションの入口は
丸い穴を重ね合わせたようになっています。

自然にできた洞窟ではなく、
人工的に掘られた事が分かりますね👀


ここを掘り進めた削岩機が
ネモ船長が開発した「ドリリングマシン」

プロメテウス火山に
ズボッと突き刺さっているように見える
お馴染みの「アレ」ですw

螺旋状のドリルが付いた削岩機で
火山の斜面を切り開き掘り進めていき
ネモ船長は地底世界を発見したようです🌋

ドリリングマシンを見てみると・・・

タイヤがゆっくりと回っていて
エンジンからはモクモク煙が立ち昇っています。

「現役」で稼働していることが分かりますね😄

事故で岩壁に突き刺さった車ではありません(笑)


内側(アトラクション待機列)から見ると
発掘状況がよく分かります🔍




2つのドリルがついている削岩機の正式名称は

二軸式岩石掘削機


マシンの構造は、Qライン(スタンバイ列)で
しっかりと見ることが出来ますよ📝


未知のエネルギー
ネモニウムとは!?

大きなドリリングマシンの動力源は
いったい「何」を使っていると思いますか!?


答えは、地底世界で発見した自然エネルギー

NEMONIUM(ネモニウム)

排気ガスなども一切出さないという
とてもエコロジーなクリーンエネルギー🌿

しかも地底世界には無尽蔵にあるという
だいぶ都合の良い設定です(笑)

成分的には金属なのでしょうか💎

ドリリングマシンの動力源だけではなく
ミステリアスアイランド(エリア)にある
あらゆる施設の照明などにも活用されてます💡

未知のエネルギーなのに徹底活用w

だいぶワイルドですね😅

ときどき噴火する
プロメテウス火山🌋

プロメテウス火山は
その名の通り活火山です🌋

噴火の直前(直後)に、
ミステリアスアイランドエリアでは
ちょっとした異変が起きます💦

ノーチラスギフト(ショップ)のスピーカーからは

圧力計に異常な数値の変化が見られる

こんな注意喚起のアナウンスが流れるんですよ🔊




噴火が始まるとミステリアスアイランドの
トンネルや通路の照明がチカチカ点灯します💡

地底世界に埋蔵されている
未知の地熱発電エネルギー

ネモニウム」

そのエネルギー供給が火山活動によって
不安定になっているという凝った演出ですね❢

この演出は時間帯や周期が定まっていません😅

ミステリアスアイランドにいるときに
火山活動が始まったら
アナウンスや照明も注目してみましょう🔍

不思議な形状の
ファストパス発券機🎫

オンラインファストパス導入以降は
開園ダッシュせずに手軽にアプリで取れますが
この形状のファストパス券売機に
馴染みのある人も多いはず❣

円柱状にキノコのような傘

かなり独特なデザインですね🍄

これは「外」から内部に
新鮮な空気を送り込むための装置という設定🔍

通常、ファストパス発券機は発券終了時に
カバーをして封鎖するのですが
ここではカバーせずにそのままの状態です。

その理由は、カバーをかけてしまうと
通気口として機能しないので、
内部に新鮮な空気を送れないため!


Qライン(スタンバイ列)には
通気孔ダクトがびっしりと張り巡らせてあります。

施設のあらゆる場所に
新鮮な空気を送り込む演出のため
発券終了してもそのままにしているんですね。

設定をかなり細かく再現しています😄


地底世界に潜っていく
テラベーター

アトラクションでは
地下800mにあるベースステーションへ下降するために
「テラベーター」に乗り込みます。

🏢テラベーター🏢

テラ(ラテン語で地球)+エレベータ


速度は秒速 
14.5 fathom

fathom(ファゾム)
ヤード・ポンド法で長さを表す単位。

1 fathom = 1.82m

メートル単位にすると
秒速26.5 m/s

つまり、テラベーターは
1秒間に、26.5mも進むってことですね。

時速計算すると、なんと100km💦


地下800メートルの距離を
約30秒という速度でガンガン降りているんです。

実際、私たちが乗っている「滞在時間」も
ちゃんと30秒なんですよ⏰

設定を忠実に再現してますね😃


同じように計算すると
タワーオブテラーは15m/s

つまりTDSには、タワテラよりも「速い」
超高速エレベーターがあるんです(笑)

テラベーターのギミック

地底800mまで、爆速で降りていく設定ですが
アトラクションの構造上、
私たちゲストは上がっています。

上がっているのに
どんどん下がっていくような
不思議な感覚。

下から吹いている風💨

下から上に向かって通り過ぎる

カンカンという音🎤

下から上にかけて動く光🌟

エレベーター内には
ガラスの円柱型の計器があって
深度計の目盛も下がっていきます🧭

そしてベースステーションに到着すると
砂や小石が上からパラパラ落ちてくる音も聞こえます。

さまざまな演出の相乗効果で、私たちはまるで
「地底に降りていった錯覚」になるんですね。



コミュニケーションセンター
無人の席に届かない連絡

緑色のランプが点灯している地図と
伝声管があるこの施設は
コミュニケーションセンター

どうやら地底世界の各要所にいるクルーたちと
連絡を取り合っているようです💻

【各要所】

☑ベースステーション(ここ)
☑水晶の洞窟
☑風のトンネル
☑巨大キノコの森
☑大聖堂
☑黒曜石の滝
☑火の湖


コーヒーカップとメモが置かれていますが、
担当クルーは離席しているようです💦


会話の内容を聞いてみると
各場所のクルーたちからの報告が
伝声管から聞こえます🔊

【水晶の洞窟から】
ベースステーション、報告します。
こちら水晶の洞窟で被害が発生。

現在活動はおさまったようですが
引き続き監視します。


【風のトンネルから】
ベースステーション、報告します。
現在こちらは激しい火山活動を感じます。

状況が落ち着くまで
出発は延期した方がいいと思われます。
指示を待ちます。



【巨大キノコの森から】
ベースステーション、こちら異常ありません。


【水晶の洞窟から】
どうやら火山活動はおさまったものと思われます。


【大聖堂から】
観測所ではほとんどの振動が計測されていません。
しかし、十分警戒してから出発してください。


【黒曜石の滝から】
火山活動はおさまった模様です。


【風のトンネルから】
こちらの観測所では非常に活発な
火山活動が感じられます。

火山活動が終わるまで
出発は中止した方がよいでしょう。

指示を待ちます。

ベースステーション!
ベースステーション!

至急、応答願います!


【再び風のトンネルから】
現在、大規模な火山活動を感じています。


しばらくの間は、

すべての科学者を待機させてください。

聞こえてますか!?


【火の湖から】
こちら異常なし。
今回報告すべき振動はほとんど起こっていません。


【巨大キノコの森から】
こちら特に報告すべき火山活動は発生していません。


【風のトンネルから】
現在の火山活動は大規模です。
指示を待ちます。

ベースステーション、聞こえていますか!



風のトンネルにいるクルーが
火山活動が発生していること
だいぶ必死に知らせていますね💦

しかし肝心のベースステーションでは
クルー不在で重要な報告が届いていません💦

おいおい(苦笑)

大規模な火山活動の報告が届いていないので
このまま地底走行車が出発したら、
かなり危険です💀

アトラクションで「火山活動発生!」という
緊急アナウンスと共にコースアウトする場所は
【風のトンネル】手前。

【風のトンネル】のクルーの報告が
ちゃんと届いていれば・・・

私たちゲストは、こんな危険なタイミングで
探索ツアーには行かなかったという伏線です💦

TDR史上「最速」スピード

センター・オブ・ジ・アースの
最高速度は時速75km

東京ディズニーリゾートにある
すべてのアトラクションで1番速いんです🎢

スプラッシュ・マウンテン(TDL)
最高速度62km


☑レイジングスピリッツ(TDS)
最高速度60km


☑タワー・オブ・テラー(TDS)
最高速度50km


☑スペース・マウンテン(TDS)
最高速度49km


☑ビッグサンダー・マウンテン(TDL)
最高速度42km

このように比較してみると
だいぶ速いことが分かりますね。

しかし、オープン前はもっと速かったそうです💦

TDS開園前(スニーク)のときに、
一足早く体験した人たちは、
あまりの速さに驚いたらしいです😅

結果的に、現在は
「最高時速75km」に落ち着きました。


ディズニーパークでは緻密な物語設定や
こだわった世界観がもっとも重要です🌟

「とにかく速ければいい」わけではありません。


アトラクションに速さやスリルだけを求めるなら、
舞浜じゃなく富士急に行きましょう❣

【富士急ハイランド】
絶叫アトラクション情報


🎢FUJIYAMA

最高速度:130km 
最大落差:70m


🎢ええじゃないか
最高速度 : 126km


🎢ド・ドドンパ
最高速度:スタート1.56秒で時速180km


🎢高飛車
最大落下角度:121度
最高速度:100km 


公式参考
https://www.fujiq.jp

数々のギネス記録を持つ富士急のアトラクション🎢
ぶっちぎりの速度ですね💨

私はスピードとスリルを求めて富士急も行きたいw
(前回は長男とトーマスランドエリア限定でした)



激レア!?
幻の限定プログラム

熱狂的なディズニーファンやDオタなど
知る人ぞ知る「限定」プログラム。

マグマサンクタムツアー

センター・オブ・ジ・アースは
メンテナンスのために
「1年に1回」休止期間があります👷

その休止期間の時期だけ
ウォークタイプのツアーが開催されます。

ネモ船長のアシスタント(キャスト)が
普段、入ることのできない研究室や生物実験室など
詳しく案内してくれるので貴重な体験ができます💖


ディズニー公式でのアナウンスもなく、
Todayにも書いてありません😅

不定期で開催されるので
幻のプログラムと言われています。

だいたいGW後くらいの時期が多いようですが
詳しい時期はキャストさんに聞くしかないようです💦

マグマサンクタムツアーの
一部をご紹介すると・・・


💎Crystal Caverns
水晶の研究
アトラクションに乗ると
キラキラの水晶だらけの空間に入ります✨✨

まるで金管楽器のような綺麗な音色。

ネモ船長も地底から地上へ持ってきますが
地上ではこの音色は聞こえません💦

どうやら、この水晶が地上でも
綺麗に鳴り響くように研究しているようです。



🍄Mashroom Forest
キノコの研究
バカでかいキノコの生態系を調べているようです。
究極的な栄養素になる可能性があるそうです。



🐣LAVA Monster Egg
ラバモンスターのタマゴ

化石として取り出されたタマゴは直径60cm。
かなり大きいですが、まだまだ成長段階のようです。

LAVA Monster  = 溶岩の怪物

ネモ船長のメモには

まだ仮説ではあるが、
怪物のような未知の生物かもしれない。
しかし、そんな馬鹿げたことはありえない。

このように書かれています📝

成長したらどうなるか・・・

アトラクション最後に出てくる
凶暴なアレになるわけですね💦


巨大潜水艦
ノーチラス号

ネモ船長は地底世界だけではなく
海底調査もしているアクティブな冒険家❣

海底調査のアトラクションが
【海底2万マイル】


海底2万マイルについての詳細は
こちらの記事で解説しています📝


さらに!!

ネモ船長はアルバトロス号という
飛行船(飛行機)も設計しています🚀

🚚(陸)ドリリングマシン

🚢(海)潜水艦ノーチラス号

🚀(空)アルバトロス号

ネモ船長の研究対象と活動範囲、
相当アクティブですね(笑)

アルバトロス = アホウドリ

まるでジブリ映画に出てきそうな
可愛らしいデザインの飛行船です🚀

テーマポート内には、
アルバトロス号が「離発着」する
エアポートもあります。

場所は、マーメイドラグーンと
ミステリアスアイランドの境目。

鉄橋前の広場です。

よく見ると・・・

離陸時についた「タイヤ痕」も
くっきりついてますね👀




ノーチラスショップのアンテナ📡

避雷針のように尖っているアンテナは
アルバトロス号の離発着のときに使う
通信アンテナのようです📡

夜になると光るので
灯台のような役割もあるようですね✨

謎に包まれたネモ船長の姿

多くの謎に包まれている
天才科学者「ネモ船長」

ネモ = Nemo

ラテン語で「誰でもない」という意味。

Nemo = 誰でもない

謎に包まれている天才科学者。
「唯一」の名前すら偽名だったんですね。

まさにミステリアスです。


【番外編】
ミステリアスアイランドの挨拶

ディズニーパークは「挨拶」に
物凄くこだわりを持つことで有名です😄

TDSでは、各テーマポートごとに
キャストさんの挨拶が違います。

あまりにも挨拶がナチュラルなので
意識しないと分からないかもしれません😅


アメリカンウォーターフロントの挨拶は英語🇺🇸
🌅Good morning(グッドモーニング)
🌁Good afternoon(グッドアフタヌーン)
🌃Good evening(グッドイブニング)




イタリアの港町をモチーフにした
メディテレーニアン・ハーバーの挨拶はイタリア語🇮🇹

🌅Chao(チャオ)
🌁Von Giorno(ヴォンジョルノ)
🌃Vona Sera(ヴォナセーラ)


ヴェネチアンゴンドラで船を漕ぎながら
「チャオ〜」って言ってますね😄



インディー・ジョーンズのある
ロストリバーデルタではスペイン語🇪🇸
🌅Buenos días(ブエノスディアス)
🌁Buena Stardes(ブエナスタルデス)
🌃Buenas noches(ブエナスノーチェイス)

このように挨拶は各テーマポートの
雰囲気に合わせて徹底されています。


中でも、ミステリアスアイランドの挨拶は
「ラテン語」でかなり独特に聞こえます。

モビリス・イン・モビリ
(Mobilis in Mobili)

変化をもって変化せよ

このエリアでは左手を右肩にあてながら
(ネモ船長のNを作ります)モビリスと言うと、
同じ手をしてモビリと返す挨拶があります!


パークでも元気よく「モビリス!」と言えば
キャストさんが「モビリ」と返してくれますよ✌

キャストさんとビシッと挨拶するなら
左手じゃないと「N」になりません😅

右手だと「心臓を捧げよ」
ポーズになっちゃうのでご注意を(苦笑)



【ミステリアスアイランド編 Part②】
海底2万マイルのバックグラウンドストーリー📝


バックグラウンドストーリーの
徹底深堀り解説はこちら📝



バックグラウンドストーリーの記事はこちら📝


Imagining the Magic

Briar Rose